筋トレをしていると、さけて通れないのが筋肉痛。これは誰もが経験していることだと思います。

筋肉を鍛えているわけですから筋肉痛が出てくるのは当然ですし、特に心配もないのですが、あまりにも長く続くようであれば問題です。

単にわずらわしいというだけでなく、もしかすると筋トレの方法自体に無理があるのかもしれませんので確認することが必要ですね。

そこで、筋肉痛が治らないときの代表的な原因と、その対処法について詳しく見ていきましょう。

スポンサーリンク


なぜ筋肉痛になるのか?


そもそも筋肉痛というものは、トレーニングによって筋肉の繊維が破壊されたときに起こる現象です。

要は、「筋肉がダメージを受けましたよ」という身体からのサインなんですね。

筋肉は、ダメージを受けた後に修復作用によって発達するわけですから、筋トレをする人にとって筋肉痛になったということは喜ぶべきことでもあります。

逆に言うと、筋肉痛になっていなければ筋肉にダメージもなく、修復作用も起こりませんから、筋肉が発達することもありません。

ですので、まず筋肉痛をあまり嫌がらないようにしましょう。

筋トレ~筋肉痛が治らないときの対処法

平均的な回復期間は?


回復期間については、筋トレを始めた時期や続けている期間などの個人差もありますので、一概には言い切れないものです。

ただ、平均的に見ると2~3日で回復するケースが多いということは言えるでしょう。

ですから、1日みっちりと筋トレをして2日ほど休息期間を取れば、次のトレーニングをするときには、ほぼ痛みはなくなっているということになります。

あまりにも長い間、痛みが続く場合は、筋肉痛ではなく他の原因かもしれませんので、気になるようであれば病院で診てもらうようにしましょう。

痛みがあるのに無理をし過ぎると、より悪化する可能性もあるので注意が必要です。

しかし、2~3日で回復するようであれば心配はありませんから、トレーニングに励みましょう。

スポンサーリンク


筋肉痛の治し方


まずは、十分な休息を取ることです。筋肉がダメージを受けているわけですから、それを回復させることが必要ですね。

そのためにも、睡眠時間はたっぷりと取っておきましょう。

言うまでもなく人間の身体がもっとも修復されるのは睡眠中です。寝不足になると筋肉の回復も遅れますから、これには注意してください。

また、眠る時間帯も重要です。

諸説ありますが、一般に夜10時から深夜2時くらいまでが睡眠のゴールデンタイムと呼ばれ、この時間に眠っていると成長ホルモンがたっぷり分泌されると言われています。

つまり、身体が回復しやすいということですから、なるべく早く眠りにつくようにしましょう。

併せて、トレーニング後は、プロテインをはじめとした栄養をたっぷり摂ることも大切です。これがエネルギーとなって身体の修復が行われますから、栄養摂取にも注意をはらいましょう。

終わりに


筋肉痛の主な原因と、その対処法についてお話してきました。

筋肉痛そのものは健全なものですし、筋トレをする上では効果を図る意味もありますので、むしろ歓迎したほうが良いものです。

そして、通常は十分な休息を取り栄養を摂取すれば、2~3日で治ることがほとんどですから、それを待つようにしてください。

もし長引くようであれば、他の原因による痛みでないかどうかだけは気をつけておいてくださいね。

スポンサーリンク