怖い先輩が近くにいると、ついつい萎縮して仕事が手につかなくなる。

落ち着こうと思えば思うほど、かえって焦ってしまう。

そんな経験、ありませんか?

同じ先輩に叱られても、落ち着いて対処している同僚もいるのに、自分だけがパニクってしまうと悩むこともあるかもしれませんね。

すると、「自分が特別弱いのかな・・・」と、ますます不安に感じると思いますが、大丈夫ですよ。

ちょっとした心の鍛え方さえ知っておけば、怖い先輩の前でも必ず落ち着いて仕事ができるようになります。

とはいっても、今日やれば、明日すぐに結果が出るというわけではなく、多少の時間はかかります。

でも、逆から見ると、ある程度の時間をかけさえすれば、必ず変化していくということでもあります。

きっと役立つと思いますから、ぜひ参考にして、じっくり取り組んでみてくださいね。

スポンサーリンク


怖い先輩といても落ち着いていられるために


先輩というのは、多かれ少なかれ怖いものです。

中には優しい先輩もいますが、会社で仕事をしていると、どうしてもシビアな面が出てきます。

ですから、先輩が怖いこと自体は仕方のないことでしょう。

でも、同じ先輩を前にしても、比較的落ち着いていられる人と、ビクビクしてパニックになってしまう人がいるのはなぜでしょうか?

まずは、その辺りから考えていってみましょうね。

先輩が怖いので仕事も手につかない~そんなときの心の鍛え方

怖い先輩から叱られたときに


「なんだよ、こんなこともできないのか。ったく、しっかりしてくれよ!」

と、先輩からキツく叱られたとします。

そんな状況で、あなたはパニックになって、ビクついてしまっているところを想像してみてください。

そして、ふと横の同僚を見ると、申し訳なさそうにはしているものの、どこか落ち着いていて堂々としていたとします。

すると、「こいつはこんなに落ち着いているのに、オレはパニックになってる。オレってダメな奴なんだ」と思ってしまうかもしれませんね。

でも、そこが間違いなんですよ。

パニックになっているのは事実かもしれませんが、決してダメではありません。

というより、一度「オレはダメな奴だ」と思ってしまうと、どんどんそれが積み重なっていって、ますます自信がなくなります。

するとミスも多くなり、先輩に叱られることも多くなり、また「オレはダメだ」と思うようになり、と悪循環を繰り返していくんですね。

まずは、これを食い止めないといけません。



仕事も手につかなくなるほど怖いということは


先輩からキツく叱られたら、誰でも多少は怖いと感じるものです。

でも、その度合いが人より高いとしたら、それはあなたが繊細な感覚を持っているからなんですね。

ちょっと角度を変えてみると、『人が気づかないようなことも敏感に察知する能力が高い』と言うことができます。

これも『能力』なんですよ。

ただ、その能力が裏目に出ると、人よりも怖がってしまうという状態になります。

ですから、「怖がらないようにしよう」と思うのではなく、「先輩が言っていることを誰よりも敏感に聞き届けよう」と考えたほうがいいでしょう。

実際、他の人よりも怖がっているのだとしたら、それは“誰よりも真剣に先輩の言っていることを受け止めている”ということでもあります。

そんなに怖がらない人は、大雑把な聞き方しかしていないということも出来るんですね。

ですから、先輩に叱られて怖がってしまう自分をダメだなんて思わず、逆に「その繊細さを活かしていこう」という意識を持ってください。

それだけでも、ずいぶん変わっていくはずですよ。

パニックになりそうなときの対処法


怖いということは決してマイナスではなく、『敏感に察知する能力』だと言っても、パニックになってしまったのでは困りますよね。

そこで、普段から意識しておくと効果的な対処法をお話していきます。

深呼吸


これは定番の方法ですが、かなり効果は高いですよ。

パニックになっているときというのは、必ず呼吸も浅くなっています。

これは身体がそういう仕組みになっているからなんですね。

逆にいうと、呼吸が深いとパニックになることができません。

パニックという精神状態をコントロールするのは難しいですが、呼吸はコントロールしやすいですよね。

ですから、まずは呼吸を深くしましょう。

いざというときだけでなく、普段から実践しておくことがポイントです。

姿勢を良くする


呼吸同様、姿勢も大切ですね。

常に胸を張って堂々としていれば、オドオドできなくなってきます。

怖い先輩ににらまれているとき、背中が曲がっていませんか?

もしそうなら、すぐに姿勢を直しましょう。

これもかなり効果的ですよ。

スポンサーリンク


動作をゆっくりにする


怖いときというのは、あたふたして無駄に動きが早くなっていることも多いものです。

逆に落ち着いているときというのは、堂々としていて動作も比較的ゆっくりですね。

ですから、意識的にゆっくり動く練習もしてみてください。

これが習慣になると、精神面に変化が起きていることを実感できるようになりますよ。

ただし、普段からやっておいてくださいね。

先輩に叱られたときだけゆっくり動くと、余計に叱られることにもなりかねませんから。



終わりに


怖い先輩がいて仕事も手につかなくなるという人のために、いくつかのアドバイスをしてきましたが、いかがでしたか?

まず大切なことは、自分をダメだと思わないこと。

むしろ、人が気づかないようなことも敏感に察知できる能力だと思って、肯定的に考えてください。

その上で、

  • 深呼吸
  • 姿勢を良くする
  • 動作をゆっくりにする

ということを普段からやっておくと、落ち着いて行動できるようになります。

最初にお話したとおり、今日やれば明日結果が出るという即効性のあるものではありませんが、時間をかければ必ず大きな変化になっていきます。

ですから、慌てずじっくりと取り組んでみてくださいね。






スポンサーリンク