職場に怖い上司がいると、何かとやりにくいですよね。

私にも経験があるので、その気持ちはよくわかります。

いつもピリピリしたような雰囲気を出されていると、こっちまで緊張してしまいますし、何か質問したいことがあっても声がかけづらく、ときには仕事に支障をきたすこともあるかもしれません。

ある程度なら、「上司とは怖いもの」と思って割り切ることができるんですが、あまりにも怖すぎて仕事にも影響が出るようなら、これは問題ですよね。

私は大丈夫でしたが、同僚の中には上司と接すること自体がストレスになって体調を崩してしまった、なんてヤツもいました。

そんなことになる前に、上司との上手なつきあい方を知っておくことは大切です。

どんなに怖い上司でも、人間であることに変わりありませんから、こちらの接し方次第でいい関係を築くことはできるものです。

今回は、そのためのポイントを、いくつかご紹介していきましょう。

スポンサーリンク


怖い上司と上手く付き合うには


怖い上司と付き合うのは大変ですが、いい関係を築いていくためには、まず分析することが大切です。

的確に問題を解決するためには、状況をよく知っておかないといけませんからね。

一口に上司が怖いと言っても、いくつかのタイプに分類することができます。

まずは大まかなところから、次のどちらに当てはまるか考えてみてください。

職場の上司が怖い!いい関係を築くにはどうすればいい?

上司の側に原因がある場合


そもそも上司が性格的にキツい人だとか、会社からノルマなどのプレッシャーをかけられているために部下に辛く当たっているようであれば、このタイプになります。

上司の側に怖い態度を取らざるを得ない理由があるのなら、「そういうものだ」と割り切って接することが必要でしょう。

しかし、上司の状況や気持ちを察して行動していると、それが通じるのか、意外と態度が穏やかになることもあります。

ですから、怖い上司だからといって避けるばかりではなく、思いやりを持って近づくことも必要かもしれませんよ。



あなたの側に原因がある場合


もしも、あなたが極端にミスを連発するとか、社内でのチームワークを乱してしまうような行動が多いというのであれば、これは上司が怖い態度をとっても仕方ありませんね。

失敗が多いのであれば自覚もあるでしょうから、まずはそれを改善することから始めましょう。

職場というのは仕事をする場所なわけですから、認めてもらうにはそれなりの結果を出す必要があります。

上司が怖いということをバネにしてがんばるくらいの“しぶとさ”を持つことも大切ですよ。

実際には・・・


一応、上司に原因がある場合と、あなたに原因がある場合の2つに分類しましたが、実際にはハッキリどちらかに分かれるというものではなく、両方の要素が組み合わさっていることがほとんどだと思います。

ただ、どちらの要素のほうが色濃いのかということは、わかっておくことが必要ですね。

状況を正確につかんでいるほうが、的確に対処できるようになりますから。

また、あなたに原因がある場合は、これを認めるのは辛いかもしれませんが、解決するのは意外と簡単でもあります。

とりあえず、仕事で成果を出せるようにがんばれば良いのですから。

「いや、それが難しいんですよ・・・」なんていう声も聞こえてきそうですが、上司が怖いかどうかに関係なく仕事で成果を出すことは基本ですから、がんばってみましょう。

となると、やっぱり問題となるのは、上司に原因がある場合ですね。

では、このケースについて、もう少し詳しく考えていきましょう。

スポンサーリンク


上司を理解するということ


さっきも少し触れましたが、上司が怖いのにも理由があります。

性格的にキツい人なら、理由がなさそうにも思えますが、それだってさかのぼってみれば幼少期のトラウマみたいなものが影響しているのかもしれません。

あるいは、会社からの要求が厳しすぎて、部下に怖い態度をとるしかないのかもしれません。

もちろん、カウンセリングをするわけではないので、そんなに深く掘り下げて考える必要まではありませんが、「上司も大変なんだな」ということくらいは、わかってあげたほうが良いですね。

どんなに怖い上司であっても、自分のことを理解してくれる人間には、そこまで辛く当たらないものです。

また、上司が置かれている状況を理解することで、本当にするべき仕事が何なのかわかってくるというケースもあります。

それを踏まえて仕事をし、成果を出せるようになると、上司にとっては「一番やってほしいことをやってくれる部下」ということになりますから、必然的に態度も穏やかになってくるはずです。

そのためには、なるべく上司と接する機会を増やすことも必要ですね。

「怖いな」と思っていると、ついつい避けたくなるのが人情ですが、それを続けているうちはいつまでも関係が改善できません。

すると、あなた自身もやりにくい状況を続けることになりますので、ちょっと勇気を出して上司との距離を縮めてみましょう。

意外と親しくなってみたら、良い人かもしれませんよ。



終わりに


職場に怖い上司がいて困っているという人のために、いい関係を築くためのポイントをお話してきました。

まずは、

  • 上司の側に原因があるのか
  • あなたの側に原因があるのか

これを分析することから始めましょう。

実際には、そこまでハッキリ分かれるというものではありませんが、どちらの傾向が強いのかを知っておくことは大切ですね。

その上で、もう一つ大切なのが『上司を理解する』ということでした。

どんなに怖い上司でも、人間であることに変わりありませんから、自分を理解してくれる人にはそんなにキツく当たることはありません。

「なんで部下の自分が上司を理解しないといけないの?」なんて思う人もいるかも知れませんが、人のことを理解する能力は、色んな場面で役に立つものですよ。

その能力が、仕事での大きな成功につながることもあるかもしれません。

ですから、怖い上司を練習台にさせてもらうつもりで、しっかりと状況を理解し、それに応じた行動をとってみてください。






スポンサーリンク