どんな会社でも、多少は人間関係の問題があるものです。

それが、対処できる範囲のものであればいいのですが、どう工夫しても、どう我慢しても耐え切れない状況もあることでしょう。

特に、社長が怖い会社に勤めていると、プレッシャーも多いでしょうし、色んな意味で気疲れすることもあると思います。

そうなると、「辞めたい」という気持ちが出てくるのも当然のことですね。

あまりにも簡単に辞めてしまうのはよくないと思いますが、無理に我慢してストレスが溜まったり、身体に不調をきたしたりしては大変です。

じっくりと考えた上での結論であれば、それを大切にしたほうが良いでしょう。

ただ、会社によっては、辞めたいと言っても、なかなか認めてくれないケースもあるようです。

また、社長が怖いために、なかなか辞めたいということ言い出せない場合もあるかもしれませんね。

そんな場合にどうすればいいのか、その対処法についてお話していきましょう。

スポンサーリンク


辞めると決めたのなら・・・


社長が怖いというのは、多かれ少なかれどこの会社でも社員が持っている気持ちだと思います。

ですが、そのために辞めたいとまで思うのであれば、相当ワンマンで強引な社長なのかもしれませんね。

きっと、しっかり考えた上での結論でしょうから、もう一度考えなおしてみましょうなんて、野暮なことはいいません。

「辞めたい」と思ったまま働き続けたのでは、あなたにとって良くないのはもちろん、長期的に見れば会社にとっても良くないことでしょう。

ですから、辞めるための準備を着々と進めていくことが大切だと思います。

社長が怖いから辞めたい!でも辞めさせてくれないときの対処法

辞めたいと言い出せない場合は


会社を辞めると決心はしたものの、なかなか言い出せないという場合もあると思います。

特に、辞めたくなるほど怖い社長に対しては、切り出しにくいですよね。

「辞めたい」なんて言ったら、どんなに怖い表情で説教されるのかということを想像すると、言い出しにくいという気持ちにもなるでしょう。

ですが、ここは勇気の出しどころです。

あなたが自分で「辞めたい」という意志を表明しないと、誰も代わりには言ってくれません。

確かに、社長に睨まれるのは怖いと思いますが、そこを通り抜ければ晴れて辞めることができるんです。

今の状況から抜け出すために、少し勇気を出してみてください。



辞めさせてもらえない場合は


辞めたいということを伝えたのに、なかなか認めてもらえないというケースもあると思います。

特に、小さい会社ほど良くも悪くも人同士の距離が近いですから、「もうちょっとがんばってよ」なんて言われると断り切れないこともあるでしょう。

また、そもそも社長が怖い人なわけですから、「辞めたいなんて甘えたことを言ってるんじゃない!」と、とり合ってもらえないということもあるかもしれません。

しかし、どんな会社であっても、辞めたいと思っている社員を強制的に働かせることはできません。

ですから、意志を強く持って交渉してください。

同時に、仕事の整理や引き継ぎの準備なども進めていくことが大切です。

本気で辞めたいと思っているということを、言葉だけなく行動でも示していくと、社長も認めざるを得なくなるでしょう。

どうしても辞められないときの最終手段


あなたが「辞めたい」と伝えても、次の人が見つかるまでの間など、状況によっては、しばらく我慢をしないといけないこともあるかもしれません。

多少は融通をきかせることも必要でしょう。

しかし、当然それにも限度があります。

あまりにも長く辞意を認めてもらえない場合には、最終手段を取りましょう。

その最終手段とは、次のとおりです。

  • 2週間後の日付を入れた退職届を会社に送る
  • 会社から持ち出しているものがあれば、それも送る
  • 2週間後に離職票を送ってもらうよう依頼する

もちろん、この行動に出てからは会社には行きません。

その後、離職票が手元に届けば、晴れて退職ということになります。

会社によっては説得してくることもあるでしょうから、怪しいと思われる電話には出ないようにしましょう。

場合によっては居留守を使う必要もあるかもしれません。

その間は少し苦しいかもしれませんが、なんとか乗り切ってください。

ただし、これはあくまでも最終手段です。

直接、辞めたいと言っても聞き入れてもらえないときにだけ使うようにしてくださいね。

スポンサーリンク


私の友人の例


私の友人にも、社長が怖いからと会社を辞めたヤツがいました。

彼は真面目な性格で、仕事も一生懸命やっていたのですが、あまりにも社長がワンマンでついていけなかったようです。

それでもがんばっていたら、体調を崩し、病院に行くと“うつ病”だと診断されてしまうんですね。

そのため、会社を辞めたいと社長に伝えたら、「そんなのは気持ちの問題だ、根性で乗り切れ!」と言われ、なかなか辞めさせてもらえなかったんです。

で、結局は先程もお話した最終手段で辞めることになりました。

実はこの方法、その友人から聞いた話なんですよ。

ちなみに、その友人ですが、今では体調も良くなり、新しい会社で元気に働いています。

辞めるときには大変な思いをしたようですが、それを見事に乗り越えて、自分にあった会社を見つけることができたんですね。



終わりに


社長が怖いから会社を辞めたいけど、なかなか辞めさせてもらえないという人のために、その対処法についてお話してきました。

辞めたくなるほど怖い社長なわけですから、その人に辞めると伝えるのも怖いと思いますが、こればかりは自分で勇気を出すしかありません。

しばらくは辛いかもしれませんが、辞めるまでの辛抱ですから、なんとか乗り越えましょう。

また、どうしても辞めさせてもらえない場合には、最終手段を取ることもできます。

念のため、もう一度まとめておくと、

  • 2週間後の日付を入れた退職届を会社に送る
  • 会社から持ち出しているものがあれば、それも送る
  • 2週間後に離職票を送ってもらうよう依頼する

ということでしたね。

他に方法がないという場合には、実行してみてください。

会社で働いていれば、多少は辛いこともありますし、人間関係の問題は避けて通れない面もありますが、それにも限度があります。

本当に社長が怖くて耐え切れないのであれば、心身に不調をきたす前に辞めたほうが良いでしょう。

辞めることを甘えだという人もいるかもしれませんが、“辞める勇気”というものもあります。

あなた自身にとっても、もっとも良い方法だと思えるものを選択してくださいね。




スポンサーリンク