比較的規模の小さな会社にいると、社長との距離も近いため「うざいなぁ」と感じることもあると思います。

それが軽く流せる程度のことであればいいのですが、割と深刻な状況の場合には、辞めることを考えてしまうケースもあるでしょう。

基本的に私は、安直に辞めることはお勧めしませんが、改善の余地がないのであれば無理に続ける必要もないでしょう。

じっくり考えた上での結論であれば、むしろそれは優先すべきだと思います。

とは言え、会社を辞めるというのは一大決心ですから、実行に移す前にもう一度しっかりと見直しておくことも必要でしょう。

そこで今回は、会社の社長がうざいために辞めることを考えている人へ、私なりのアドバイスをお話していきます。

後悔のない結論を出せるよう、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク


「社長がうざい」から会社を辞めるということは


本気で会社を辞めることを考えているのであれば、きっと今まで社長に対して、できる限りのアプローチはしていることだと思います。

もししていないのであれば、それはちょっと安直な判断ということになりますから気をつけておきましょう。

というのも、どこの会社に行っても多かれ少なかれ、社長やその他の人との人間関係で、うざいと感じるようなことはあり得るからです。

安直に辞めてしまうと、結局は場所を変えるだけで似たようなことを繰り返すという場合も多いですから、まずはそうならないようにチェックしておきましょう。

会社の社長がうざい!こんな状況なら辞めたほうがいい?

辞める前に確認しておきたいこと


もっとも大切なことは、社長に対して何らかのアプローチをしたのかどうかということですね。

社長をうざいと感じるということは、比較的小さな会社で、顔を合わせる機会も多いということだと思います。

そうであれば、きっと社長と直接話す機会も作れるでしょう。

あるいは、それが難しいのなら上司と相談して要望を伝えるということもできるはずです。

それでも改善の余地がないということなら、辞めることにはまったく問題がないと思いますが、そのようなアプローチをしていないのなら、考えなおしたほうがいいかもしれませんよ。

どんな会社でも、うざいことの一つや二つは必ずあるものですから、それに対処する行動力を持つことは大切です。

そうでないと、うざいことがある度に会社を転々とすることにもなりかねませんからね。

ですから、まだできることがないかどうかということは、しっかり確認しておいてください。



辞めたほうがいい状況とは?


今度は逆に、辞めたほうがいい状況についてお話していきましょう。

うざいと思われる社長というのは、多かれ少なかれ自己中な傾向が強いと思います。

それが良い方向に表れれば頼りがいのあるカリスマタイプの社長になるのですが、悪い方向に表れれば、独善的でわがままなだけの人になってしまいます。

当然、独善的な判断で突き進まれると、会社にとってはマイナスですし、そこで働く社員はたまったものではありません。

もちろん、程度問題という部分もあるのですが、あまりにも独善的で反省心がない社長なのであれば、会社としての発展も見込めませんから早いうちに辞めたほうが良いでしょう。

ただ、先程もお話したように、あなたをはじめ社員が会社のために進言することは必要です。

でも、社員の意見にはまったく耳を貸さず、何を言っても改善の見込みが無いのなら、それは見切りをつけるべきだと思います。

特に、社員からの建設的な意見を取り入れようとしない社長や会社は、まず将来性もありません。

そんなところに長くいても仕方がないでしょう。

また、社長と接することで、あなたに身体的、精神的な不調が表れているのであれば、やはり早目に辞めたほうが良いですね。

社長があまりにもうざい場合、ストレスが溜まってイライラしやすくなったり、胃が痛くなったりすることもあると思います。

それが積み重なると、ひどい場合には円形脱毛症やうつ病などの症状を引き起こすことも考えられます。

仕事ですから、ときには多少の無理が必要なこともあるでしょうが、身体や心に不調をきたしてまで続けなければいけない理由はありません。

それらの症状は、身体や心からSOSようなものですから、無視せず早急に辞める準備を進めていきましょう。

スポンサーリンク


辞めることを決めたら


辞めるということをハッキリ決めたのであれば、後はその準備を淡々と進めていきましょう。

辞意を伝えたら、仕事の引き継ぎなど必要なことをリストアップして、それらを一つずつこなしていってください。

「立つ鳥あとを濁さず」という言葉がありますが、自分の責任を全うすることは大切ですよ。

社長はうざい人かもしれませんが、その責任を中途半端にしてしまうと、あなたまでうざい人になってしまいます。

そうならないよう、あなた自身は誠意を持って責任を果たし、気持ちよく会社を去るようにしてくださいね。

終わりに


会社の社長がうざいために辞めることを考えている人へ、私なりのアドバイスをお話してきましたが、いかがでしたか?

何度もお話しているとおり、安直に辞めることはお勧めしませんが、じっくり考えた上での結論であれば、それを大切にしましょう。

特に、

  • 社長の自己中ぶりがひどい
  • 意見や提案をしても耳を貸さない
  • あなた自身に身体的、精神的な不調が表れている

などの場合には、早目に見切りをつけたほうが良いと思います。

「うちの社長はうざい人でね」と、笑い話にできるレベルなら問題がありませんが、度を越している場合、あなたがその犠牲になる必要はありません。

仕事をするということも、言ってみれば自分が幸せな人生を送るための手段ですから、あまりにもそこからかけ離れているようであれば決断することも必要だと思います。

じっくり考えることは大切ですが、その上で出した結論なら、迷わずに実行してみることが後悔のない生き方につながると思いますよ。






スポンサーリンク