会社に入ると、年下の先輩に出会うということもあります。

学生時代なら、よほど特殊な事情がない限り先輩は必ず年上ですが、そうではないのが実社会です。

ただ、いくら仕事の上では先輩であっても、年下の人間から指示を受けたり命令されたりすると、「生意気だな」と感じてしまうこともあるかもしれませんね。

実際、そういう状況で、やりにくい思いをしているという話はよく聞くものです。

そんなとき、どのように考えて、どのように接したらいいのか、そのためのヒントをこれからお話していきましょう。

私自身も年下の先輩と接した経験がありますし、年上の後輩を指導したこともあります。

両方の立場を経験したうえでの意見をお話しますから、きっと役立ててもらえると思いますよ。

スポンサーリンク


会社で優先されるのはキャリア


まず、基本的な考え方として、多くの会社ではキャリアが優先されることを覚えておいてください。

『年功序列』という言葉がありますが、これは年齢のことではなく、会社に務めた年数によって序列が決まるということですね。

勤続年数が長ければ、会社への貢献度も高いとみなされるわけです。

実際には勤続年数と貢献度が一致しないこともありますし、最近では実力主義で判断すべきだという傾向も強くなっていますが、それでも日本の社会に年功序列は根付いているものです。

ということは、たとえ年下であっても自分より先に会社に努めているのであれば、その人は先輩として立てるべきなんですね。

なぜなら、そんなところで「自分のほうが年上なんだ」と反発してみても、かえってやりにくい思いをするだけだからです。

年下の先輩が生意気でやりにくい!どう接したらいい?

年齢が気になるのは若いうちだけ


年下の先輩を生意気に感じてしまうという人の多くは、20代くらいの若い人でしょう。

というのも、社会に出て何年も過ごしていると、先輩どころか、上司や得意先など、自分よりも年下なのに偉い人と接することは数えきれないくらいあるものです。

つまり、そういう経験をたくさんしているうちに慣れてしまうんですね。

実際、世の中には自分より年下の人に敬語を使って接している人はたくさんいます。

そして、年配の人ほど、そういう状況を気にしていません。

自分より年下であっても、その人が先輩や上司であれば躊躇なく従うものなんです。

もちろん、「年下のくせに生意気だ」なんて思う人はほとんどいないでしょう。



生意気だと思うのは自信がないからかも?


年配の人ほど、抵抗なく年齢よりキャリアを優先できるのは、単に慣れているだけでなく、本来的な自信を持っているからかもしれません。

多少のことでは揺るがない自信があるから、年下の人間が先輩や上司でも割り切って接することができるんですね。

でも、若いうちはその自信を持っていない人がほとんどのはずです。

だから、年下の先輩が現れると、ますますその自信が崩れそうな気がしてしまうのかもしれませんよ。

立場が変わって気付くこともある


先ほど、私自身は年下の先輩と接したことも、年上の後輩を指導したこともあるというお話をしましたが、立場が変わると見え方が変わることも多いんですよ。

ちょっと想像してみてください。

もしあなたに、年上の後輩がいるとしたら、どんな風に感じるでしょうか?

私の経験で言うと、最初はちょっとやりにくいですよ。

いくら後から入ってきたとは言っても、年上ですからね。

スポンサーリンク


年齢を尊重して丁寧語で話すべきか、それとも先輩としてタメ口で話すべきか、そんなところから迷ってしまうものなんです。

私の場合は丁寧語を使いながらも、必要に応じて少し厳しい口調で話すなど、先輩らしさも崩さないようにしていました。

すると年上の後輩も、私のことを先輩として認め、敬語で接してくれたものです。

でも、もしその後輩が私のことを、「年下のくせに生意気だ」と思って接してきていたら、私もその後輩のことを「新人のくせに生意気だ」と思っていたかもしれません。

さて、今あなたは先輩のことを「年下のくせに生意気だ」と思っているのでしょうが、なら先輩があなたのことを「新人のくせに生意気だ」と思っても仕方ありませんよね。

実は年下の先輩というのも、年上の後輩には色々と気を使うものなんですよ。

そこを、お互いに配慮することができれば、良い関係を築けると思います。

でも、その配慮がなければ、お互いに相手のことを「生意気だ」と思って険悪なムードになるかもしれません。

どっちが良いのかは、言うまでもありませんよね。

終わりに


年下の先輩を生意気だと感じてやりにくい思いをしているという人のために、私なりの意見をお話しましたが、いかがでしたか?

特に大事なポイントを改めてまとめておきますから、確認してみてください。

  • 会社で優先されるのは年齢よりキャリア
  • 年齢が気になるのは若いうちだけ
  • 生意気だと思うのは自信がないからかも
  • 逆の立場でも考えてみる

あくまでも私の意見ですから、絶対に正しいとは言えませんが、一つの参考にはできると思いますよ。

会社というのは仕事をする場所ですから、その仕事に関して先輩なのであれば、年齢よりもキャリアを優先するというのは基本的な考え方です。

まずは、それを割り切れるようにしましょう。

そして、もし割り切れないのだとしたら、自信のなさが関係している可能性もあります。

その辺もじっくりと考えてみると、本来的な自信について、何か発見できるかもしれませんよ。

いずれにしても、自分が仕事をする場所なんですから、周囲の人とは良い関係を築いたほうが良いに決まっています。

年下の先輩とも、ぜひ良い関係を築いてみてください。




スポンサーリンク