「職場に生意気な後輩がいて頭が痛い・・・」という方も多いのではないでしょうか?

あまりにもイエスマン過ぎて自分の意志がないのも困りものですが、生意気で言うことを聞かないのも手を焼きます。

程よく自分の意志を持っている後輩がいてくれると助かるのですが、なかなかそう上手くはいかないようですね。

先輩として、ときには叱ることがあっても良いと思いますが、最近はちょっとキツイことを言われるとへそを曲げる後輩も多いので、扱い方には注意したほうが良いのも確かです。

そこで今回は、私が生意気な後輩を指導するときに効果的だった、ある秘策を紹介したいと思います。

ちょっと周囲の人に協力してもらう必要がありますが、後輩にとってもいい経験となる方法ですので、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク


生意気は悪いことばかりでもない


先輩の立場からすると、後輩が生意気なのは苦々しく思えることも多いものです。

でも、よく考えてみると、生意気というのは悪いことばかりでもありません。

というのも、生意気なヤツって、少なくともヤル気はあるものなのです。

言ってみれば、そのヤル気が暴走するために、自分よりも年齢やキャリアが上の先輩に失礼な態度をとってしまうということなんですね。

ですから、失礼な態度は改めさせる必要がありますが、ヤル気まで失くさせてしまうようなことをしてはいけません。

そんなことをしたら、職場の戦力を奪うことになってしまいますからね。

まず、ここは大事なポイントですから覚えておいてください。

職場の後輩が生意気!改善するための秘策を紹介します

生意気は独りよがりから生まれるもの


生意気な後輩を観察しているとわかりますが、彼らの多くは自信家です。

「自分なら十分な成果を出せる」という自信を持っているんですね。

だから、同僚はもちろん、ときには先輩のことすら見下していることもあります。

「自分に任せてくれれば先輩たちより良い結果を出せるのに」という気持ちが、言動や行動の端々に表れてくるわけです。

中には、本当に優れた実力を持っている場合もありますが、残念ながら過信していることも少なくありません。

ですから、彼らの生意気というのは独りよがりな自信から生まれていることがほとんどなんですね。

この独りよがりを直すには、人の中で揉まれるしかありません。



色々な先輩のもとで経験を積ませる


生意気な後輩ほど頭の回転が速いことも多いですから、一人に先輩の元だけで仕事をしていると、簡単にその先輩のパターンを読んでしまいます。

それが見下すことにもつながっていくんですね。

ですから、なるべく多くの先輩のもとで仕事をする経験を持たせるようにしましょう。

一人ひとり、仕事のやり方はもちろん、指導や注意の仕方も違うものです。

その中には、どんなに生意気な後輩でも太刀打ち出来ない先輩もいますし、色々な角度から指摘を受けることで謙虚にならざるを得ない部分も出てきます。

私の経験でも、私がどんなに注意しても生意気な態度を改めなかった後輩が、別の先輩に指導を受けると急に謙虚になったということがありました。

また、別の先輩には反抗的な態度を取っていた後輩が、私のもとでは素直に指摘を受け入れたというケースもあります。

これは、相性のようなものも関係しているのかもしれませんが、多くの先輩の指導の中で揉まれるということは後輩にとってもプラスになることですから、ぜひ機会を作ってあげてください。

指導する立場である、あなたたち先輩にとっても色々な発見があると思いますよ。

小さなチームのリーダーを任せる


もし可能であれば、小さなチームを作り、そのリーダーを生意気な後輩に任せてみましょう。

後輩という責任のない立場のときには生意気なことが言えても、リーダーというポジションにつくと状況が変わります。

自分が人をまとめる立場を経験して、初めて分かることも多いですから、これは後輩にとって貴重な経験になるはずですよ。

この方法で、態度がほぼ180度変わってしまった後輩もいました。

スポンサーリンク


その後輩は反骨精神もあり、私たち先輩や上司に対して反抗することも多かったのですが、自分がまとめ役を経験すると、その大変さが身にしみてわかったようです。

それまでは、自分の意見が絶対のような勢いで発言していたのが、持論を主張するときでも目上の人を気遣うようになっていきました。

人の立場を経験してみてわかることは多いですから、これは良い勉強になります。

ただ、いきなり大きなチームやプロジェクトを任せるわけにはいきませんから、体制に影響のない範囲で適度な責任を持たせるようにしてみてください。

終わりに


職場の後輩が生意気で困っているという人のために、改善するための秘策をお話してきましたが、いかがでしたか?

最初にお話したとおり、生意気ということがすべて悪いわけではありません。

ヤル気はあるものの、それが独りよがりな自信から出てきているために、先輩や上司に対して失礼な態度をとってしまうということなんですね。

ですから、ヤル気を失くさせることなく、失礼な態度を改めさせることが大切です。

そのためには、人の中で揉まれる経験をつませることが効果的です。

特に、

  • 色々な先輩のもとで経験を積ませる
  • 小さなチームのリーダーを任せる

という2つは、ぜひ経験させてあげてください。

生意気な後輩というのは、先輩にとっては扱いづらいものですが、能力を持っていることは多いものです。

その能力を十分に発揮させるよう考えてあげることは、先輩の役目でもあります。

ただ押さえつけるのではなく、上手に力も伸ばしてあげながら、共に職場の戦力になるようにしていきましょう。





スポンサーリンク