大学生で、バイトをがんばっている人も多いと思いますが、バイト先でも先輩・後輩の関係性って、難しいものですよね。

学校や部活での先輩・後輩に比べると、縦の関係があまり厳しくない場合も多いと思いますが、だからといって後輩からタメ口で話しかけられると、カチンと来てしまうこともあるでしょう。

でも、それを注意していいのかどうか、迷ってしまうという人も少なくないと思います。

「先輩には、ちゃんと敬語で話せよ」なんて言うと、後輩から「先輩風を吹かせている」なんて思われるんじゃないかって、ついつい考えてしまいますよね。

あんまり細かいことを注意して、“口うるさい先輩”なんて思われてしまうのもやりにくいし、なかなか難しいところです。

最終的に、どうするのが一番いいのかは、バイト先の雰囲気などもあるので一概に言えないのですが、私個人の意見を言わせてもらうと、バイトであっても先輩・後輩の関係はキチンとしておくほうがいいと思います。

つまり、後輩が先輩に対してタメ口をきくというのは反対なんですね。

なぜそう思うのか、その理由をお話していきますから、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク


バイトという特殊な状況


今、この記事を読んでいるあなたは、きっと学生さんだと思います。

ということは、学校とバイトを比較した場合、より重要度が高いのは学校の方でしょう。

もちろん、バイトが重要でないというわけではないでしょうが、生活の中心になっているのは学校のはずですね。

となると、バイト先って、ちょっとした気分転換の場所になっているという側面もあると思います。

学校は将来のためにもキチンと卒業しないといけない場所で、バイトは一時的に働いている場所という感覚ですね。

だから、責任感という点では、バイトのほうが軽くなっている人が多いことでしょう。

バイトだって仕事ですから、責任感を持つべきですが、例えば将来就職したときのことを想像してみると、正社員として働くよりは気楽に感じていると思います。

そんなふうに考えると、バイトって学校よりも会社よりも気楽に構えられる場所なんですよね。

「何か問題があって辞めたとしても、また次を探せばいいや」と思ってしまいやすいわけです。

これは、自由性があるという意味では良いことなのですが、無責任になりやすいという悪い側面も持っています。

そしてそれは、あなただけでなく、あなたの後輩にも同じことが言えるんですね。

バイトの後輩がタメ口で話してくる~これって注意すべき?

バイトだから許されるという意識


学校や部活の先輩には敬語で話すけど、バイト先の先輩にはタメ口で話すという人は意外と多いものです。

また、そういう人は将来就職したら、会社の先輩には敬語を使うでしょう。

つまり、学校や会社では許されないけれど、バイトなら許されるという感覚を持っているわけですね。

ちょっとキツイ言い方をすると、バイトをナメているということになるかもしれません。



バイトであっても人間関係は大切


学校の先輩には敬語を使うのに、バイト先の先輩にはタメ口で話すというのは、私個人の気持ちとしては良くないと思います。

というのも、どんな場所や状況であっても、先輩は先輩なのですから、後輩としては経緯を持つべきでしょう。

と、こんなことを言うと「固いことを言うおじさんだなぁ」と思われるかもしれませんが、やっぱりこれは大事だと思うんですね。

その場の雰囲気や状況などに応じて臨機応変に対応できる柔軟性を持つことは大切ですが、人と接するときに一本筋が通っている姿勢を持つことは、もっと大切だと思います。

場所や相手によって態度をコロコロ変えるというのは、一歩間違うと卑怯な人間に見えてしまうこともありますからね。

ですから、バイトであっても後輩は先輩に対して敬意を持って接することが基本的には大切だと思いますよ。

でも、後輩に強要はできない


ここまで、結構固いことを言ってきましたが、だからといって、後輩に敬語を使うことを強要できるかというと、決してそうではありません。

さっきも言いましたが、バイトって学校よりも会社よりも、ある意味で気楽な場所であることは確かなんです。

そこであなたが、後輩に対してシビアなことを言い過ぎてしまうと、嫌われてしまうことにもなりかねません。

じゃあ、後輩がタメ口をきいても放置するしかないのかというと、それもまた違います。

まずは、あなたがあなたの先輩に対して、積極的に敬語で話しかけるようにしてください。

そして、その姿を後輩に見せてあげるんです。

つまり、“後輩は先輩に敬語を使うという空気”をあなたが作っていくことが大切です。

後輩というのは、意識するかしないかにかかわらず、先輩の姿を見て、それを真似ていくものです。

だから、あなたが後輩のお手本になってあげてください。

大抵の場合、これで後輩の態度は変わってきますよ。

スポンサーリンク


年上の後輩の場合は?


バイトの場合、あなたより年上の後輩が入ってくるというケースも比較的多いと思います。

バイトのキャリアという点ではあなたの方が先輩ですが、年齢ではあなたの方が後輩になってしまいますから、何かとやりにくいですよね。

もし、年上の後輩がタメ口で話しかけてきたら、それはあまり気にしないほうがいいでしょう。

というのも、自分のほうが年上ということは、その後輩も気にしているはずです。

きっと色々と考えたうえでタメ口で話そうとしているのでしょうから、それは尊重してあげましょう。

ちなみに、あなたが年上の後輩に話しかけるときには、タメ口でなく丁寧語を使ったほうがいいですよ。

その後輩が人間的にちゃんとした人だったら、そんなあなたの態度を見て、自分の態度も改めてくるはずですから。

終わりに


バイトの後輩がタメ口で話しかけてきたら注意すべきなのかどうか、私なりの意見をお話しましたが、いかがでしたか?

これは私の意見ですから、絶対ではありませんし、他にも色んな考え方があると思います。

でも、先輩・後輩の関係がキチンとしている方が、見ていても気持ちいいですし、勉強できることもたくさんあるはずです。

特に、私がお伝えしたいのは、

  • バイトであっても人間関係は大切
  • 後輩に強要するのではなく先輩が手本を見せる

という2点です。

人間関係を大切にするということは、どんな場所や状況であっても最重要テーマですので、これは忘れないようにしましょう。

また、先輩が手本を見せることも意識しておいてください。

自然と後輩が先輩を尊敬する空気を作り出せれば、きっと素晴らしいバイト先になると思いますよ。






スポンサーリンク