せっかくバイトを始めたのに、先輩が嫌いでやる気をなくしてしまっているという人もいることでしょう。

特に、まだバイトに慣れていないうちは、何をどうすればいいのかわからないことも多く、先輩からキツイ一言をもらうこともあります。

そんなときに「もうちょっと優しく教えてくれてもいいんじゃないの?」と言いたくなることもあるでしょう。

とはいえ、バイトというのは仕事ですから、シビアな面もあります。

ですから、ときにはキツイ一言に耐えなければいけないこともあるんですね。

でも、ただ耐えなければいけないと言われても、なかなか納得はできないでしょう。

そこで、バイトの先輩がどうしてキツイ接し方をしてくるのかを一緒に考えてみましょう。

それがわかってくると、嫌いじゃなくなるかもしれませんよ。

スポンサーリンク


バイトは仕事


言うまでもないことですが、お給料をもらう以上、バイトも仕事です。

そして、バイトをしている間は、あなたもその仕事のプロとして働かなくてはいけません。

もちろん正社員ではありませんから責任は軽くなるんですが、少なくとも意識としてはプロだという自覚を持つことが大切なんですね。

とはいえ、バイトを始めたばかりの頃は仕事の内容を覚えるのが精一杯で、とてもそんな意識を持つことはできないでしょう。

だから、急に完璧にできなくても構いません。

徐々に慣れていってください。

でも、どんな仕事にも必ずお客さんがいます。

そのお客さんに「バイトだから、この程度で許してください」というのは、基本的には通じないんですね。

ある一定の水準を維持しておかないと、お客さんに納得してもらえませんし、お客さんに納得してもらえないということは仕事として成り立たないということです。

そこで、バイト先は新しいアルバイトが入ってきたら研修などを必ず行います。

そして、研修や日常的な指導などは、先輩が受け持つことが多いわけです。

バイトの先輩が嫌い~もう少し優しく教えてくれればいいのに

先輩も必死なんです


もしあなたが、お客さんの求める一定の水準に達していなければ、先輩は必死で教えないといけません。

なぜなら、あなたがちゃんと仕事を覚えていなければ、怒られるのはその先輩だからです。

実は先輩も大変なんですよね。

ちなみに、バイト先の職種や規模などによっても違いますが、先輩にも上司がいて、その上司にもまた上司がいて、それぞれにその上司に納得してもらわないと、ちゃんと仕事をしたことにはなりません。

そして、最終的に誰の納得が必要なのかというと、それはやっぱりお客さんです。

お客さんが納得してくれなければ、バイト先にお金が入ってきません。

つまり、あなたのバイト代も出てこないんですね。

先輩のキツイ一言は、最終的にお客さんの納得につながり、それがあなたのバイト代になります。

おおまかな説明ですが、ぜひこの仕組みを理解しておいてください。

スポンサーリンク


先輩が意地悪な場合は・・・


とはいえ、明らかに先輩が意地悪をしているというケースもあるかもしれません。

仕事として必要だからではなく、ただの嫌がらせを受けることもあるでしょう。

それが本当に理不尽なものだったら、先輩の上司に相談してみましょう。

意外とあっさり解決しますよ。

終わりに


バイトの先輩が嫌いだという人のために、なぜ先輩がキツイ接し方をしてくるのかをお話してきました。

特に不慣れなうちは、自分が受け持った仕事だけで手一杯になってしまいがちですが、その仕事がどうつながってバイト代になっているのかを考えてみると、気がつくことは多いと思いますよ。

最終的にお客さんがお金を払ってくれる商品やサービスを提供することで、あなたのバイト代が発生します。

そして、先輩はそのための指導をする役目についているわけです。

キツイことを言われると嫌いになるという気持ちはよくわかりますが、ある意味ではあなたのバイト代を稼ぐ協力をしてくれている人ですから、そのことはちゃんと理解しておきましょうね。

スポンサーリンク