上司のことが苦手でたまらないために退職を考えているという人も、少なくはないでしょう。

実際のところ、人間関係の悪化は退職理由の上位に入っていると言われています。

特に上司の場合は、最初から上下関係があるわけですから、それが原因で退職を考えてしまうというのも無理のないことなのかもしれません。

しかし、誰かに「上司のことが苦手なので退職を考えているんです」と相談したら、「そんなの甘えだよ」と言われることも少なくないでしょう。

誰でも多かれ少なかれ苦手な人はいるものです。

そんな人があらわれる度に会社を変わっていたのでは、いつまで経っても落ち着くことができないでしょう。

その一方で、人間関係がこじれているのに無理をして、精神のバランスを崩してしまうというケースもあります。

そんなことになるのなら、早い時期に退職したほうが良かったということも言えるでしょう。

さて、上司が苦手だという場合、退職したほうがいいのでしょうか、それともがんばったほうがいいのでしょうか。

今回は、その辺りのことを掘り下げて考えてみましょう。

スポンサーリンク


退職した場合のメリットとデメリット


上司が苦手というのは、あなたにとってハッキリとした事実でしょうから、ひとまずそれは置いておいて、先に退職について考えてみましょう。

まず、退職したときのメリットは、どんなことがあるでしょうか?

希望的観測を抜きにして事実だけを見ると、『苦手な上司に会わなくて済むようになる』ということが挙げられますね。

きっとこれは、今のあなたにとっては大きなメリットといえると思います。

他にも、すでに転職後の見通しが立っているのであればメリットがあるでしょうが、そうでない場合は希望的観測か、それに近いものになるでしょう。

では、続いてデメリットを考えましょう。

これも悲観的観測を抜きにして事実だけを見ると、『それまでのキャリアがなくなり、また白紙から始めないといけない』ということが挙げられます。

やはり転職後の見通しが立っているのであれば、今よりも条件が良くなることも考えられますが、そういうケースは稀でしょう。

ここに希望的観測や悲観的観測を入れると、さらにいろんなメリットとデメリットが出てくると思いますが、まずはハッキリしているところだけを見てください。

『苦手な上司に会わなくて済むようになる』というメリットと『それまでのキャリアがなくなり、また白紙から始めないといけない』というデメリットを比べて、退職したいと思いますか。

それとも迷いが生じますか?

その時点で、ある程度答えが見えてくると思います。

スポンサーリンク


逃げてはいけない、というけれど・・・


よく、「上司が苦手だからといって退職しても、次の会社に行けばまた同じような人があらわれる。だから逃げてはいけない」と言われます。

きっと、あなたもそういう話を聞いたことがあるでしょう。

私自身も、それが絶対とはいいませんが、当たらずとも遠からじではあると思っています。

しかし、本当に我慢ができないほど辛いのであれば、ときには逃げることも必要かもしれません。

ただし、逃げたことによるデメリットはありますから、それはわかっておく必要があります。

今の状態で戦ってみるか、それとも一旦逃げて態勢を整えてから、改めて戦ってみるか。

あなたはどちらを選びますか?



終わりに


上司が苦手で退職したいというのは、甘えなのか、それとも認められるのか、ということを考えてみましたがいかがでしたか?

ひとまず、誰にも共通するメリットとデメリットを挙げましたが、実際には各々の状況で他にも色んなものが出てくると思います。

それらを十分に見比べてみてください。

その上で、退職することと、がんばって続けてみることと、どちらがあなた自身のプラスになるのかを判断しましょう。

最終的な結論は、あなた自身が出すものですから。

スポンサーリンク