上司のことが苦手なために、会社でやりにくい思いをしている人もたくさんいると思います。

そもそもが上司ですので、同僚や友達と同じように付き合えなくて当然なのですが、だからといって苦手になってしまうと仕事にも支障をきたしますから、なんとか上手く接していきたいですよね。

そこで、苦手な上司に対応するときにどんなことに気をつければいいのか、そのポイントをお話していきます。

ヒントになるものがいくつかあると思いますので、できそうなところから一つずつ実践してみてくださいね。

スポンサーリンク


まずは礼儀正しく対応する


礼儀正しく接するというのは社会人として常識ですが、苦手な人を相手にした場合には意外とできていないことも多いものです。

苦手だと思っている時点で気後れしていますから、無意識のうちに避けようとしてしまったり、挨拶や返事なども中途半端になったりしてしまいがちですから十分注意しておきましょう。

特に、上司が厳しい人だと、何か指摘される度にビクついてしまって、声が小さくなったり口ごもったりすることもあると思います。

ですが、そういう対応を繰り返していると、あなたは上司の目に挙動不審の頼りない部下としか映りません。

すると、ますます厳しい口調で指摘を受けることになって、どんどん悪循環を繰り返していきます。

それを止められるのは、あなた自身の礼儀正しい対応だけです。

苦手だと思うのであれば、それを払拭するために、できる限り礼儀正しい接し方を心がけましょう。

上司が苦手!対応するには何に気をつければいい?

失敗ほど早く報告する


普通でも失敗というのはあまり報告したくないものですが、相手が苦手な上司なら、なおさらそうでしょう。

しかし、失敗ほど早く報告するというのは、仕事の上では何よりも大切なことです。

報告を遅らせているうちに、どんどん問題が悪化してきて、大事になってから上司に知られてしまうよりは、小さな失敗のうちに連絡しておくほうがいいんですね。

その上司が能力のある人であれば、早く報告することで適切なフォローをしてくれることでしょう。

もし、能力ない上司であった場合は、報告が遅れて大事になってしまうと、何も責任をもってくれず、全てをあなたに押し付けてしまうかもしれません。

いずれにしても、失敗は早く報告することが必要です。

ぜひ、覚えておいてください。

スポンサーリンク


上司の人間性を見極める


上司といえども一人の人間ですから、優れた部分もあれば劣った部分もあるものです。

そして、頼りがいのある人もいれば、無責任な人もいます。

あなたが苦手な上司は、どんなタイプの人でしょうか?

もし、仕事ができて能力があり、だからこそ部下にも厳しい要求をしてくる上司であれば、できるだけその人に従って着いていきましょう。

それは、確実にあなたのプラスになるはずです。

逆に、あまり仕事ができず、どちらかと言えば自分が楽をするために部下に辛く当たるような上司であれば、その人を上回るくらいのつもりでしっかり仕事をしていきましょう。

そんな上司とは関係なく、あなたは能力を伸ばしていくべきですし、そうなれば上司もだんだん偉そうなことはできなくなります。

上司を苦手だと感じることは誰にもあり得ることですが、それであなたが振り回されてしまうのはもったいない話です。

あなたはあなたのペースで実力を伸ばしていきましょう。



終わりに


上司が苦手だという人が、どう対応していけばいいのか、そのポイントをお話してきました。

大切なのは、あなた自身がしっかりした人間であることです。

上司のことが苦手であろうが得意であろうが、そんなことにはできるだけ影響されないようにしていきましょう。

そして、そのためには礼儀正しい対応や失敗の報告など、基本的なことを疎かにしないことが大切です。

上司が苦手という気持ちに流されず、あなたはあなたがするべきことをしていってください。

スポンサーリンク