どんなに仲良くなろうと思って努力しても嫌いな上司って、いますよね。

そして、一度嫌いだという気持ちを持ってしまうと、その人が何をしても嫌なところばかりが見えてしまうものです。

でも、その上司を嫌いなまま会社に行っていると、あなたの精神衛生にも良くありませんし、仕事にも悪影響を及ぼしかねませんから、何らかの対処をすることが必要です。

と言っても、無理に好きになろうとする必要はありません。

どうしたって嫌いな人というのは、どこにでもいるものですから。

それよりも、その嫌いな上司の性格を知って、うまく立ちまわる方法を見つけてしまえばいいんです。

それだけで、ずいぶん楽になるものですよ。

ということで、嫌いな上司への上手な対処法をご紹介していきましょう。

スポンサーリンク


まずは敵を知ること


あえて“敵”という言葉を使いましたが、嫌いな上司がどんな人間なのかを詳しくわかっていないと、効果的な対処法は見つかりません。

嫌いな上司のことなんて考えるのもイヤかもしれませんが、敵に勝つためには必要なことですから、まずは上司をしっかり観察しましょう。

特に大切なのは、『その上司がどんな性格で、どんな行動をするのか?』ということです。

しばらく接していると、その人の行動パターンが見えてくると思います。

このパターンをつかむことが大切なんですね。

それがわかれば、後は先回りしていけば、大抵のことは上手く対処していけるはずですよ。

嫌いな上司への対処法~性格を知って上手く立ち回りましょう

上司が逃げられないようにする


大抵の場合、嫌いな上司というのは責任を取らないものです。

「良いことは自分の手柄で、悪いことは部下の責任」という生き方をしているので、多くの部下から嫌われてしまうんですね。

そこで、上司が逃げられないような状況を作りましょう。

と言っても、そんなに大きな責任問題を作り上げる必要はありません。

例えば、上司が苦手そうなことについて、大勢がいる前で質問してみるというのも一つの方法です。

「すみません、○○の案件について、こういうところがわからないのですが、教えていただけませんでしょうか?」と聞いてみてください。

できれば、上司の立場であれば知っていて当然という範囲のことを選べるといいですね。

仕事上のことであれば、上司として答える責任はありますし、しかも大勢の前で質問されているのであれば、それをごまかすわけにもいかないでしょう。

ちょっとでも疑問に感じることがあれば、どんどん質問してみてください。

意外と、質問に対してちゃんと答えてくれれば、その上司を見直す機会になるかもしれません。

それでも逃げようとする人なら、その上司の方からあなたを避けるようになるはずですよ。

スポンサーリンク


周知の事実を作る


先ほどの質問もそうですが、できるだけ周囲の人を巻き込んでいくことも大きなポイントとなります。

嫌いな上司がズルかったり、卑怯だったりすればするほど、普段と公の場に立ったときとで態度が変わると思います。

だから、できるだけ普段から人に見られているということを意識させることが大切です。

人目を意識するようになると、悪いことができなくなるというのが人情です。

そして、これは器が小さい人ほど、その傾向が強いものです。

質問や報告などをするときに、できるだけ多くの人が上司に注目するよう工夫してみてください。

それだけでも、かなり上手な対処法になると思いますよ。



終わりに


嫌いな上司への対処法についてお話してきました。

まずは、敵を知ることが大切ですから、よく観察してみてください。

すると、自然に対処法もわかってくるものです。

さらに、質問や報告などをするときには、とにかく周囲の目を嫌いな上司に集めるようにしましょう。

これだけでも、かなり牽制できるはずですよ。

ちょっと意地悪かもしれませんが、あなたは何も間違ったことをするわけではありません。

嫌いな上司が逃げられないようにするための対処法ですから、ぜひ試してみてくださいね。

スポンサーリンク