上司をうざいと感じる人は多いものです。

これは立場上、仕方のないこととも言えるでしょう。

ただ、正当な理由で指摘されたり注意を受けたりするのであれば納得できるのですが、どう考えても理不尽なことで何かを言われるのは我慢できませんよね。

これは、うざいとしか言いようがありません。

そこで今回は、この手の理不尽な上司のうざい行動や言動に、どう対処すれば良いのかということをお話していきます。

ぜひ、参考にしてみてください。

スポンサーリンク


まずは臨戦態勢を整える


あなたの上司が正当な指摘をする人であれば、きっとうざいとは感じないでしょう。

でも、あなたがうざいと感じているということは、多かれ少なかれ理不尽な上司なんだと思います。

そうであれば、それなりの臨戦態勢を整えるようにしましょう。

理不尽な人は、放っておいても理不尽なままですから。

ただ、臨戦態勢とは言っても、そんなに過激なことをする必要はありません。

具体的に何をするのかは、次からお話していきますね。

上司がうざいときの対処法~これさえ知っておけば大丈夫!

仕事で納得させる


まずは、一番の正攻法です。

あなたが仕事で成果や実績を出せば、上司も納得せざるを得ません。

上司の鼻をあかすくらいの仕事を目指しましょう。

といっても、それは簡単なことではありませんが、仕事をがんばることはあなたにとってもプラスになります。

上司は理不尽なことをしてムダに過ごしているときに、あなたは正当にがんばって能力を伸ばしていけばいいんです。

もちろん大変な面もありますが、仕事的にも人間的にも、その上司をグングン追い抜いていくことができます。

やってみる価値は十分にありますよ。

上司の上司と親しくなる


うざい上司の特徴は、自分の上司には弱いのに部下には強いということ。

つまり、キツイ言い方をすると、人間的に卑怯なんですね。

このタイプの人は、下から何を言っても聞く耳を持ちません。

ですから可能であれば、さらに上司と親しくなっておきましょう。

あなたが自分の上司と仲が良いと知ったら、すぐに手のひらを返してきますよ。

もっとも、そういう態度を見てしまうと、ますますうざいと感じてしまいますけどね。

スポンサーリンク


むしろ近づいてみる


今度は逆に、うざい上司と仲良くなってみるという方法です。

感情的に難しいかもしれませんが、親しくなって話を聞いてみると、その上司の意外な一面を知るということもあります。

その人が、うざい行動をとってしまうのは、昔の心の傷が原因だったり、家庭内では虐げられていたりなど、会社の中だけではわからない事情があるのかもしれません。

だから理不尽なことをしてもいいという理由にはなりませんが、事情がわかると、むしろ可哀想に思えることもありますよ。

大体、人からうざいと思われる人は孤独なものです。

うざいから孤独になり、孤独になるから、ますます人にうざいことをしてしまうという悪循環にハマるんですね。

でも、もしあなたが上司のことを理解してあげたら、もしかするとその人の気持ちにも変化が起きるかもしれません。

もちろん、“もしかしたら”という話ですけどね。

意外と話してみたら馬が合うということは多いので、試してみると面白いと思いますよ。



終わりに


理不尽な上司のうざい行動や言動に、どう対処すれば良いのかということをお話してきました。

仕事で認めさせるという正攻法上司の上司と親しくなるという裏ワザ、そして、むしろ近づくという究極の方法までご紹介しましたが、いかがでしたか?

「上司は嫌だけど、会社や仕事が好き」という場合、転職などは考えにくいでしょうから、なんとか上司と折り合いをつけないといけません。

そのための3つの方法をお話しましたので、まったくこの通りではなくても、ちょっとずつアレンジしながら試してみてくださいね。

スポンサーリンク