嫁にとって、お姑さんは目の上のたんこぶ。

中には良好な関係を築けているという人もいるのでしょうが、それはかなり稀な例でしょう。

実際問題として、お姑さんをうざいと感じているお嫁さんは多いものです。

元をただせば他人同士ですから、上手くいかなくても不思議ではないのですが、実は嫁と姑の関係のカギを握っているのが、あなたの旦那さんだということをご存知ですか?

そう、旦那さんを味方につけてしまえば、嫁姑問題はずいぶん解決しやすくなるんです。

なぜ、そういうことのが言えるのか、そして、具体的にどのようにすれば良いのかということを順にお話していきましょう。

スポンサーリンク


お姑さんにとっての家族は


結婚すれば、あなたとお姑さんは“一応”家族ということになります。

でも、あくまでもそれは“一応”なんですね。

お姑さんの目から見れば、あなたの旦那さんはもちろん実の息子ですし、あなたの子供は血のつながった孫です。

でも、あなたとだけは血のつながりがありません。

どんなに優しいお姑さんであったとしても、この事実は変えられませんから、どうしても嫁と姑は家族になりきれない部分があるのです。

あなたがお姑さんのことをうざいと感じているのと同じように、お姑さんもあなたのことをどこかで他人と感じているんですね。

お姑さんにとって、あなたはライバル


お姑さんから見れば、あなたは大事な息子を奪い去ったひどい女かもしれません。

また、もし同居していれば、それまで自分の役割だった主婦という立場を脅かす存在に思えるかもしれません。

さらに、孫ができても、その間に立ちはだかる邪魔な存在に見えていることもあるでしょう。

そう考えると、お姑さんにとってのあなたは、色んな意味でのライバルなんです。

いわば一種の脅威なんですね。

だから、つい嫌味を言ったり、つらく当たったりしてしまうのでしょう。

あなたの言うことは聞いてくれません


あなたがお姑さんのことをうざいと感じているのであれば、お姑さんもあなたのことをあまり良くは感じていないはずです。

すると、基本的にあなたが何を言っても聞いてくれないと考えておくほうが良いでしょう。

となると、何か言いたいことがあるときには旦那さんにお願いする必要があります。

お姑さんにとって、あなたは他人ですが、旦那さんは実の息子ですから、その言うことは無視できません。

夫婦として旦那さんとはよく相談しておき、問題があるときにはお姑さんとの間に立ってもらうようにしましょう。

姑がうざい!嫁が上手に立ち回るには夫を味方につけること

旦那さんに理解してもらうことがポイント


とはいえ、多くの旦那さんは、嫁姑問題に関わるのを嫌がります。

その気持ちもわかりますが、旦那さんに活躍してもらわないと解決できないことも多いですから、二人でいるときによく相談して、理解してもらいましょう。

ただし、旦那さんを責めるような話し方ではダメですよ。

それでは旦那さんも逃げ出したくなるでしょうから、なるべく穏やかに、それでいて真剣に話をして味方になってもらってください。

スポンサーリンク


旦那さんを立てることも大切


味方になってもらうには、普段から旦那さんを立てておくことも大切です。

自分に対しての尊敬を感じていれば、旦那さんも自然と味方になってくれるはずです。

また、夫婦の絆がしっかりとしていれば、お姑さんもそうそううざい割り込み方はできなくなりますから、そのためにも旦那さんを立てるようにしておきましょう。

毒になる姑 [ スーザン・フォワード ]
価格:1728円(税込、送料無料)



終わりに


うざいお姑さんと上手に付き合うためには、旦那さんを味方につけることが大切だということを、おわかりいただけました?

どんなに良好な関係を築いたとしても、嫁と姑は他人です。

でも、その間に立っているのは旦那さんですから、協力を仰いでより家庭を円満にしていきましょう。

スポンサーリンク