彼氏がダサいと、ちょっと恥ずかしいなってこと、ありますよね。

別にファッションモデル並みに決めてほしいとは思わないものの、もうちょっとなんとかしてくれれば・・・。

その気持ち、よくわかります。

とはいえ、彼氏にも好みやこだわりがあったりすると、そう簡単には変えられないものです。

そこで、ダサい彼氏を上手に改造できるように、ぜひ知っておいてほしいポイントを3つご紹介します。

きっと役に立つと思いますので、早速試してみてください。

スポンサーリンク


ポイント1:プライドを傷つけない


よっぽど服装に無頓着な人は別ですが、男性でも自分のセンスにはそれなりのこだわりを持っている人も多いものです。

「オレには、これが似合っている」と思っているコーディネートをけなされたりしたら、ガッカリしますよね。

それに、もしあなたがそんなことをしてしまったら、聞く耳を持たなくなってしまいますから、彼氏の改造には逆効果です。

ですから、絶対に彼氏のプライドを傷つけないようにしましょう。

基本は、褒めることです。

男の人って、結構単純なところがありますから、褒められるとその気になってくれるんですよね。

「いつものもカッコいいけど、こんな服も似合うんだね」と、褒めながら誘導していきましょう。

これは結構、改造するには効果的なんですよ。

ダサい彼氏を改造するには?知っておきたい3つのポイント

ポイント2:買い物には一緒に行く


デートがてら、彼氏の買い物には一緒に行くようにしましょう。

彼氏だけに任せておくと、本人のセンスで買ってしまいますから、これを上手に阻止することが必要です。

そのときに、“定番”のデザインのものを勧めてあげてください。

あんまり個性的なものは、ダサい感じになりやすいですからね。

その点、定番のものならまとまりがつきやすいですし、あなたが一緒に歩くときにも合わせやすくなります。

そしてこのときも、褒めることがポイント。

「うわ、あなたが着ると、ちょっと個性的に見えるわね」と、少し持ち上げると、意外とその気になってくれますよ。

ぜひ、試してみてください。

スポンサーリンク


ポイント3:ダメ出しするときはサイズを理由にする


一緒に買い物をしても、彼氏が自分のセンスでダサい服を選ぶこともあると思います。

そんなときに「それダサいよ」なんていうのは、もちろんNG

それよりも、「なんか、ちょっと窮屈そう」とか、「ちょっとダボッとしてない?」という感じで、センスではなくサイズを理由にダメ出ししてみましょう。

そして、「こっちのサイズのほうが絶対フィットしているよ」と、センスのいい服を選んであげるんです。

こだわりの強い彼氏なら、それでも自分の好みを押してくるでしょうけど、そこから先は許容範囲のものを見つけるようにしてください。

「まぁ、このくらいだったらいいか」と思えるもので手を打つということも必要です。

彼氏を改造するとは言っても、そんなに急激にセンスを変えることはできません。

ちょっと時間をかけながら、長期戦で構えておくことも大切です。

そして、気がついたときには、いつの間にか彼のセンスがあなた好みになっているように、徐々に改造していってください。

焦りは禁物ですから、これはしっかりと覚えておいてくださいね。

終わりに


ダサい彼氏を上手に改造するために、ぜひ知っておいてほしい3つのポイントをご紹介してきました。

男の人はプライドを傷つけられるのが絶対にイヤですから、褒めながら上手に誘導していくことがポイントです。

もちろん、あんまりわざとらしいのはダメですけど、「割と似合ってるね」という感じで自然に褒めていると、簡単にその気になってくれるものです。

無理なく改造していくためには自然な流れを作ることが大切ですから、焦らず時間をかけながら誘導してあげてくださいね。

スポンサーリンク