「ジョギングは健康に良い!」と知って、意気込みを持って始めようとすると方は多いと思います。

ですが、いざ走ろうと思ったら、色々とわからないことも出てくるのではないでしょうか?

特に、ジョギングの初心者が、どのくらいの距離を走ればいいのかということは気になるところだと思います。

短すぎては運動になりませんし、かと言って、いきなり長距離を走るというのも無理があります。

そこで、初心者の方が、まずは目標にすべき距離についてお話していきましょう。

スポンサーリンク


ジョギングの理想の距離は?


どのくらいの距離を走ることができればいいのか?ということなのですが、これは最終的な目標をどこに置いているのかによって変わってきます。

「フルマラソンを完走したい!」ということが目標なら、42.195kgまで距離を伸ばすことが必要ですし、「健康のために何か運動を始めたい」ということであれば、そこまでの距離は必要ありません。

ですから、まず距離ありきで考えるのではなく、自分が理想とするものを明確にして、そこから距離を設定するほうがいいですね。

ジョギングの初心者なら、距離はどのくらいがいいの?

一般的な目安は?


とはいえ、ジョギングをするのであれば多くの人が最初に目標にするというラインがあります。

それが『5km』。まずは、この距離を余裕を持って走れるようになるところまで慣れていくといいでしょう。

ただし、ジョギングの初心者と言っても、それまでどのくらい運動をしていたのかについては個人差があります。

何かの運動をやっていた人がジョギングも新たに始めるというのであれば、5kmはそんなに難しいラインではないと思いますが、まったく運動していなかった人が急に走るのは大変ですね。

ですから、ご自身の体力なども考慮に入れて、最初は1km、次は3kmという風に徐々に距離を伸ばすという工夫も必要になります。

また、運動経験がある人でも、急に長距離を走るのはケガの原因にもなりかねませんので注意してください。

スポンサーリンク


時間を目安にするという方法も


距離を決めるのが難しいという場合には、時間を目安にするのもいい方法ですよ。

まずは5分走ってみる。それに慣れてきたら10分、20分と無理のないペースで時間を伸ばしていけば、自動的に距離も伸びます。

特に、これまであまり運動をしてこなかったという方には、時間を目安にする方が取り組みやすいかもしれませんね。

終わりに


ジョギングの初心者の方が、どのくらいの距離を目標にすればいいのか?その目安をお話してきました。

一般的によく言われている5kmというのは、比較的手も届きやすく、慣れてくれば続けるにも無理のない距離だと思います。

ただし、個人差もありますので、大変だと感じたら頑張りすぎないように気をつけることも必要です。

長く続けていれば確実に体力もつきますので、気がついたときには距離も伸びているもの。

距離だけにとらわれず、楽しみながら続けることを常に意識しておいてくださいね。

スポンサーリンク