旦那さんが几帳面な性格だと、うるさい小言を言われることもあります。

で、なぜかそういう性格の人は、ちょっと大らかな人と結婚するケースが多いようです。

もしかすると、あなたもそうではありませんか?

旦那さんが几帳面で、奥さんが大らかだと、どうしても奥さんは旦那さんの小言の対象になりやすいもの。

ずっと小言を言われていれば、うるさいと感じるのも当然のことでしょう。

「お互いの性格だから」と言ってしまえばそれまでですが、それで納得できるというものでもないと思います。

そこで今回は、旦那さんの小言がうるさいときに、どんな風に対処すれば良いのかということをお話していきます。

お互いに気持ちよく過ごせるように、ぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク


小言はコミュニケーションだと思う


小言をよく言う旦那さんは、もちろん細かいことに気づきやすい性格なのですが、単にそれだけが理由なのではなく、そもそも『小言を言うことが好き』なんです。

「そんな迷惑な」と思うかもしれませんが、ある意味では小言をいうことで、あなたとコミュニケーションを取ろうとしているんだと考えてあげてください。

言ってみれば、素直ではなく、ちょっと不器用なタイプなのかもしれません。

もちろん、コミュニケーションだったら何をしてもいいという話ではありませんが、旦那さんだって、わざわざ悪く思われたくてうるさい小言を言っているわけではないでしょう。

でも、そのコミュニケーションに対して真正面から反発されたり喧嘩になったりすると、旦那さんも引っ込みがつかなくなり、どんどん小言がエスカレートすることにもなりかねません。

まずは、ちょっと弾力を持って受け止めてあげてください。

そして、小言を言われたら、その内容について詳しく質問してみるんです。

「ごめんなさい、言われるまでわからなかった。じゃあ、どうすればいい?」と、ちょっと下手に出て質問してあげると、旦那さんとしても納得しやすくなるはずです。

もちろんケンカ腰で言っちゃダメですよ。

できれば、とことん甘えるように質問してみてください。

男の人は、プライドを持ち上げてあげると結構納得してくれるものです。

上手に旦那さんを手のひらの上で転がしてあげると、うるさい小言も少なくなるはずですよ。

旦那の小言がうるさいなら、こんな風に対処法してみましょう!

第三者に協力してもらう


それでも難しい場合は、お友達などの第三者に協力してもらうという方法もあります。

奥さんがいくら言っても聞かなかったのに、他の人に言われたら一発で態度を改めたという例は、意外と多いものです。

ただし、これはシチュエーションを整えないと逆効果になることもあるので慎重にしないといけません。

スポンサーリンク


例えば、なるべく旦那さんと仲のいい友達に遊びに来てもらって、そのときにわざと小言を言われるような状況を作ってみるのも良いかもしれません。

事前にそのお友達には状況を説明しておいて、意見してもらうことができれば、改善できる可能性は高いですよ。

あくまでも自然な流れで意見してもらう必要があるので、そこが難しいところではありますが。

もし良い関係性が築けているのなら、旦那さんのお義母さんに協力してもらうという方法もあります。

いずれにしても、第三者に入ってもらうと改善できるケースも多いので、工夫してみるといいですよ。

終わりに


旦那さんの小言がうるさいときに、どんな風に対処すれば良いのかということについてお話してきました。

なかなか難しい問題なんですが、言われっぱなしで我慢し続けるわけにもいかないでしょうから、上手に工夫していきましょう。

旦那さんの小言がもっともなもので、あなた自身も改善しようと思えるのであれば、そこは変えていけばいいと思いますが、なかなかそうも行かない場合は変化球も必要です。

ただし、なるべく喧嘩にならないよう注意はしておきましょうね。

甘えたり、お友達に助けてもらったりしながら、上手に対処していきましょう。

スポンサーリンク