旦那さんのお弁当、作っていますか?

正直なところ、お弁当作りって毎日のことだから、めんどくさいですよね。

私も毎日めげそうになるんですが、それでもがんばって作っています。

でも、ただがんばるだけで作り続けられるものではないので、私なりに色々と考えて工夫しているんですよ。

そこで今回は、旦那さんのお弁当を作り続けるための、ちょっとした工夫をご紹介していきます。

できるだけ、めんどくさいと感じないものを集めていますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク


まずは理由が大切


普通に考えると、毎日、朝の忙しい時間帯にお弁当を作るなんて、めんどくさいと思っても何の不思議もありません。

にも関わらずお弁当を作り続けるには、それだけの理由がないといけませんよね。

私の場合は“節約”というのが大きな理由の一つなんですけど、ただ単にお金を浮かせたいだけではなく、子供の将来のための貯金という目的があります。

大きな声ではいえませんが、旦那のためだったら面倒でも、子供の将来のためだと思えば、結構がんばれちゃうんですよね。

だから、多少眠くっても、疲れが取れていなかったとしても、がんばって起きて、お弁当作りに励めるんです。

もちろん、この理由は人それぞれでいいと思いますよ。

  • 「素敵なマイホームがほしいから」
  • 「年に数回、豪華な旅行がしたいから」
  • 「旦那に内緒でブランド物のバッグがほしいから」

など、お弁当作りを続けるモチベーションになるものなら、何でもOKです。

絶対に続けたくなるような理由を、まずは持つようにしてください。

旦那の弁当がめんどくさい!それでも作り続ける工夫の仕方

お弁当は“いかに手を抜くか”がポイント


どんなにヤル気が出てくるような理由があっても、そんなに手の込んだお弁当を毎日作るなんて不可能です。

だから、上手に手を抜くことが大切なんですよね。

私がよくやるのは、次の3つです

  • 前の日の残り物にちょっと手を加える
  • 休みの日に多めに作って冷凍しておく
  • 冷凍食品の助けを借りる

さすがに、毎日お弁当のためだけに料理するのは大変ですから、前の日の残り物は重宝します。

とはいえ、そのまま使うのはあまりにも芸がないので、メニューにもよりますが、ちょっと炒め直して味付けを変えてみたり、卵でとじてみたりなどの簡単な工夫をしています。

意外とそれだけでも雰囲気が変わるものですよ。

それから、休みの日に多めに作って冷凍しておくというのも、なかなか便利な方法です。

これなら、レンジでチンして詰めるだけですから超カンタン。

それに、メニューによってはお弁当だけでなく、晩ご飯のおかずにもできますから、かなりオススメですよ。

そして、最後の手段が、市販の冷凍食品ですね。

最近は冷凍食品もずいぶん質が上がってきているので、意外と使えるものが多いんです。

それに、レンジでチンする必要もなく、自然解凍で食べられるというタイプのものも出てきていますから、ますます手軽に使えます。

この3つを組み合わせると、時間をかけずにバラエティ豊かなお弁当を作られるようになりますよ。

スポンサーリンク


私の失敗談


これはオマケです。

その日は、休みの日に作った料理をチンするだけでお弁当ができるように準備万端整えておいたんですが・・・

ごはんを炊くのを忘れていました。

で、旦那にはコンビニで白ご飯だけ買ってもらったということがあります。

くれぐれも、そんな失敗をしないよう、気をつけてくださいね^^;

終わりに


旦那さんのお弁当を作り続けるための、ちょっとした工夫をご紹介しました。

ついつい、めんどくさいと思ってしまいがちなお弁当作りですが、がんばる理由と、ちょっとした手抜きのコツを知っておくと続けられるものです。

今回ご紹介した方法が少しでもお役に立てば嬉しいと思いますので、ぜひ、試してみてくださいね。

スポンサーリンク