回転性めまいといえば、その名の通り目の前がグルグル回るようは激しい症状を覚えるものです。

これだけでも、かなり苦しい状態になりますが、その上に嘔吐の症状まで重なると、相当重い病気なのではないかと心配になるものでしょう。

ですが、実際には回転性めまいのほとんどは、すぐに命に関わるほど深刻な病気である可能性は少ないものです。

だからと言って放置してもよいわけではありませんし、ときには脳梗塞など重篤な病気が隠れているケースもありますが、比率から言うとかなり少ないことは確かです。

ですから、そのような症状に見舞われても、慌てずに落ち着いて対処することが必要です。

そこで今回は、回転性めまいと嘔吐の症状が重なった場合にどんな原因が考えられるのか、また深刻な病気かどうかを見分けるにはどうすればいいのかなどをお話していきましょう。

スポンサーリンク


回転性めまいの大半は耳に原因がある


目の前がグルグル回るような状況に陥ると、脳に異常があるのかと思ってしまいますが、ほとんどの場合は耳に異常があるためにめまいが起こります。

このようなものを『耳性めまい』または『末梢性めまい』と呼ぶこともありますが、すぐに命に関わるほど重篤なものではありません。

このタイプのめまいには、次のような特徴が見られます。

  • 激しい回転性めまいが起きる
  • 吐き気や嘔吐を伴う
  • 眼振(目が震えたような動き)を伴う
  • 難聴や耳鳴りなどを伴うこともある

また、めまいの症状が続く期間は、原因となっている病気によってマチマチです。

主な病名としては、

  • 良性発作性頭位めまい症
  • メニエール病
  • 前庭神経炎
  • 外リンパ瘻

などが挙げられます。

回転性めまいと嘔吐~深刻な病気かどうかの見分け方

深刻な病気が原因の場合


上記のような、耳の病気が原因で起きているめまいに対して、脳梗塞脳出血など、脳に異常が起きている場合のめまいを『中枢性めまい』と呼びます。

中枢性めまいの場合は、もちろん命に関わる可能性が高いですから、早急に病院での処置が必要となります。

この場合の主な特徴は、

  • 回転性ではなく、ふわふわしためまいに襲われる
  • 吐き気や嘔吐はあまり見られない
  • 眼振はない
  • 難聴や耳鳴りなどはない
  • 手足のしびれや頭痛、意識障害を伴う

といったものが挙げられます。

つまり、中枢性めまいの場合は、めまいの質も違いますし、吐き気や嘔吐を伴わないことが多いということですね。

ただし、これはあくまでも目安ですから、あまり安直には考えないほうが良いのですが、ひとまず回転性めまいで、嘔吐も伴うようであれば中枢性めまいの可能性は低いといえるでしょう。

スポンサーリンク


回転性めまいと嘔吐の症状に襲われたら


基本的には安静にし、症状が治まったら耳鼻科で診察を受けるようにしましょう。

回転性めまいそのものに効く薬はあまりありませんが、乗り物酔いなどの薬なら嘔吐の症状を抑えることはできます。

ただし、個人の判断で薬を服用すると、思わぬトラブルにつながるケースもありますから、できるだけ避けておくほうが良いでしょう。

ときには、市販の風邪薬でも副作用でめまいが起きることもあります。

まずは病院で診てもらい、専門医に処方してもらった薬を服用してください。


終わりに


回転性めまいと嘔吐の症状が重なった場合にどんな原因が考えられるのか、深刻な病気かどうかを見分けためのポイントはどこにあるのかなどをおお話してきました。

回転性めまいと嘔吐が重なっているのであれば、ほとんどは耳性めまいですから、そこまで心配する必要はないでしょう。

ただし、適切な処置をしないと完治させられませんから、まずは耳鼻科で専門医に診てもらってください。

すぐに命に関わることはなくても、めまいや嘔吐はそれ自体が不快なものですから、できるだけ速やかに対処して、早期回復につなげましょう。

スポンサーリンク