寝返りを打っただけで強烈な回転性めまいに襲われたり、朝の寝起きに急に目が回ったり、このような症状でお悩みの方は多いものです。

めまいの原因は様々ですので、なかなか原因を特定することは難しいのですが、多くの場合はそこまで深刻な病気が関係しているわけではないようです。

とはいえ、回転性めまい自体が不快な症状ですので、なんとか早く解決したいものですよね。

そこで、寝返りを打ったときや寝起きのときに起こる回転性めまいの主な原因と、その対処法についてお話していきます。

ぜひ参考にして、症状を緩和する助けにしてください。

スポンサーリンク


寝返りや寝起きで回転性めまいが起きる理由


めまい自体には様々な原因が考えられますが、寝返りや寝起き程度の小さな動きで目が回るという場合には『良性発作性頭位めまい症』という病気である可能性が高いでしょう。

この良性発作性頭位めまい症は、耳の病気の一種です。

内耳には“耳石”と呼ばれる小さなカルシウムのかたまりがあるのですが、この耳石が加齢や衝撃などのために本来の位置から剥がれ落ち、移動してしまうことがあります。

内耳には平衡感覚を司る半規管がありますが、剥がれ落ちた耳石が半規管やその周辺に間違って入り込むと、めまいが起こってしまうのです。

耳石が平衡感覚を狂わせてしまうということですね。

回転性めまい~寝返りや寝起きのときに目が回ったら?

効果的な対処法は?


一般的な、めまいの対処法としては安静にすることがよく知られています。

また、寝返りや寝起きのときにめまいが起きるので、頭を動かすとさらにめまいがひどくなるような気がしてしまいますが、良性発作性頭位めまい症の場合には積極的に頭を動かすことが必要です。

といっても、むやみに動かせば良いというわけではないのですが、耳石が間違った場所に入り込んでしまっているので、それを移動させることが必要なわけですね。

では、どうやって動かせばいいのかということになりますが、良性発作性頭位めまい症の対処法として広く知られているのは“エプリー法”と呼ばれるものです。

“浮遊耳石置換法”と呼ばれることもありますが、要は頭を回転させることで耳石を元の位置に戻そうという手法です。

ただし、これは個人で行うことは難しいですし、危険が伴うこともありますので、基本的には耳鼻科を受診し専門医に処置を受けてください。

ただ、病院によっては自宅でエプリー法ができるように、やり方を教えてくれるところもありますから、相談してみると良いでしょう。

効果的な薬はある?


良性発作性頭位めまい症の場合には、一般的なめまいの薬は効果がありません。

ただ、めまいに伴う吐き気などには効果がありますので、薬を飲むことで不快感を軽減させることはできるでしょう。

根本的な解決には、先ほどのエプリー法など、運動による療法が必要ですので、まずは専門医に診てもらうことが基本です。

スポンサーリンク


より深刻な病気の可能性は?


最初にもお話したとおり、めまいの原因は様々ですから、ときには重篤な病気が関係していることもありえます。

場合によっては脳梗塞など、命の危険に関わる病気が原因の場合もありますから、速やかな判断が必要ですね。

そのために、『めまいが続く時間』を目安にしておくと良いでしょう。

一般的に、1分未満で治まる場合には、良性発作性頭位めまい症の可能性が高いと見て大丈夫でしょう。

ですが、1分以上たってもめまいの症状が治まらない場合には、脳梗塞をはじめとした重篤な病気の可能性も考えられます。

その場合には、手足のしびれや、ろれつが回らないなどの症状も出てきますので、併せて判断の目安にしてください。

めまいは寝てては治らない第4版 [ 新井基洋 ]

めまいは寝てては治らない第4版 [ 新井基洋 ]
価格:1,404円(税込、送料込)


終わりに


寝返りを打ったときや寝起きのときに起こる回転性めまいの主な原因と、その対処法についてお話してきました。

この手の症状のほとんどは良性発作性頭位めまい症と言われていますので、まずは耳鼻科を受診してみてください。

多くの場合は、それで改善できると思います。

また、他の病気が関係している場合も、正確な診断を受けていれば早期の対策ができますので、より速やかな改善が期待できます。

「たかがめまい」と軽く見ず、専門医に相談してみてください。

スポンサーリンク