頭がふわふわする症状のことを『浮動性めまい』と呼びます。

これに対して、目がぐるぐる回るタイプのものは『回転性めまい』と呼ばれています。

回転性めまいは三半規管に問題がある場合が多いのですが、頭がふわふわする浮動性めまいの場合は、原因を特定するのが難しいものです。

そのため、対処法も一言で「コレ」ということは難しいのですが、ある程度は年齢別に絞り込むことができます。

そこで今回は、頭がふわふわする浮動性めまいの原因としてどんなものが考えられるのか、また、どうすれば改善できるのかなどをお話していきましょう。

スポンサーリンク


50代までの浮動性めまいの原因


一般に50歳くらいまでの年代で頭がふわふわする症状が起きる場合には、『筋肉が緊張しすぎていること』が原因と考えられます。

代表的なものは“肩こり”ですね。

現代ではデスクワークも多く、同じ姿勢を取り続ける時間も長いため、肩こりに悩まされている人も多いことでしょう。

肩こりを放置して悪化させてしまうと、首のこりや後頭部のこりにまで発展してしまい、その結果、頭部全体の血行が悪くなって頭がふわふわするようになります。

ですから、なるべく肩こりを起こさないような工夫が必要ですね。

そのためには、同じ姿勢を取り続けないように注意して、30分に1回や1時間に1回など定期的にストレッチをしてみたり、ウォーキングなどの軽い運動を取り入れるようにすると効果的です。

運動をすると、それだけで血行が良くなりますから、頭がふわふわする浮動性めまいの予防につながるでしょう。

ただし、急に激しい運動をすると別なトラブルを起こすこともありますから、徐々に身体を慣らしていくようにしてください。

頭がふわふわする原因は?浮動性めまいの改善法

50歳以降の浮動性めまいの原因


50歳前後というのは、いわゆる更年期に当たります。

更年期というと女性だけのものだと思われていましたが、最近では男性の更年期があることもわかってきていますから、男女を問わず注意しておきましょう。

身体に大きな変化が起こりやすい年代ということができますが、このときに自立神経が乱れてしまい、そのために頭がふわふわする浮動性めまいが起こりやすいものです。

また、この時期は些細なことでイライラしてしまうことも多く、それがストレスとなって、さらにめまいが悪化するということもあります。

なるべく気持ちを穏やかに保つような工夫を取り入れるようにしましょう。

具体的には、

  • 1日の中でのんびりできる時間を作る
  • お風呂にゆっくり浸かってリラックスする
  • 好きな音楽を聴く
  • 旅行などで気分転換を図る

などが効果的な方法と言えるでしょう。

やりやすいところから試してみてください。

スポンサーリンク


70歳以上の浮動性めまいの原因


70歳を超えると動脈硬化を起こし、そのために血流不全が起きて浮動性めまいの原因になることも多いようです。

ある程度は年齢を重ねると仕方ないという面もありますが、、それまでの生活習慣に注意することで予防できますから、早い時期からの対処が重要です。

動脈硬化になりやすい、いわゆる危険因子として、

  • 高脂血症
  • 高血圧
  • 糖尿病
  • 喫煙
  • 高尿酸血症
  • 肥満
  • 運動不足
  • ストレス

などが挙げられていますが、これらはバランスの取れた食事や適度な運動などの生活習慣でかなり軽減させられるものばかりです。

なるべく若い時期から、健康的な生活を意識しておくようにしましょう。


終わりに


頭がふわふわする浮動性めまいの原因として考えられるものと、その対処法についてお話してきました。

ある程度、年齢毎に原因を絞り込むことはできますが、必ずしもこれらがすべてとは限りませんので、あくまでも参考として見ておいてください。

あまりにも頻繁に頭がふわふわした状態が続くようであれば、できるだけ早いうちに病院に行き、詳しい検査を受けるようにしましょう。

スポンサーリンク