最近は、美容オイルを使ったスキンケアをしている人が増えています。

美容オイルは、美容液の代わりとして使われることも多いですが、フェイスマッサージなどにも使える、とても便利なものです。

また、比較的安価なものが多いというのも、美容オイルの人気が高い理由の一つでしょう。

上手に使えば、とても大きな美肌効果が期待できるので、ぜひ取り入れたいスキンケアアイテムです。

ですが、そのためには適切な順番を知っておくことが大切。

そこで今回は、毎日のスキンケアの中で、いつオイルを使えばいいのか、その順番についてお話していきましょう。

まずは予備知識として、どのような美容オイルがあるのか、その種類から見ていきますね。

スポンサーリンク


美容オイルの種類


一般的に、よく使われている美容オイルは次の5つです。

  1. ホホバオイル
  2. アルガンオイル
  3. 椿オイル
  4. ココナッツオイル
  5. マカダミアナッツオイル

それぞれに特色があり、肌との相性もあるので、しっくり来るものを見つけるのが一番ですが、比較的誰にも合いやすいと言われているのはホホバオイルです。

ホホバオイルは人の皮脂膜と構造が似ているので、最初に試すのであれば、これが良いでしょう。

どのオイルも、様々なサイズのものが出ていますから、まずは一番小さいもので試してみるといいですね。

スキンケアの順番~オイルはどこで使えばいい?

美容オイルを使う順番


スキンケアの鉄則は、『水分の多いものから、徐々に油分の多いものに移行していく』ということです。

また、美容オイルは美容液の代わりとして使われることも多いので、基本的には

  1. 洗顔
  2. 化粧水
  3. 美容オイル

という順序にすると良いでしょう。

さらに、この後で乳液クリームを使うのもOKです。

ただ、乳液やクリームは主にバリアの役目として使われるものですが、美容オイルはそのバリア効果もありますので、オイルでケアを終わっても大丈夫でしょう。

美容オイルは肌に馴染みやすく、角質層の細胞間脂質にくまなく浸透していきます。

これによって肌の潤いが保たれ、細胞も強くなりますので、続けることで瑞々しい美肌効果が期待できますよ。

スポンサーリンク


美容オイルは、この順番で使っても良い


一般的には、先ほどお話した順序で使うのが効果的ですが、次の順番が良いという人もいます。

  1. 洗顔
  2. 美容オイル
  3. 化粧水
  4. 美容液、乳液など

化粧水より先にオイルを使うのは違和感があるかもしれませんが、これにも理由があります。

それは、美容オイルに肌の角質層を柔らかくして、その後に使う化粧品の成分を浸透しやすくするという性質があるのです。

これは、ブースター美容液と呼ばれるものと同じ性質なのですが、先に美容オイルを使っておくと、お肌の角質層の水分と油分のバランスが整うので、その後の化粧水や美容液が浸透しやすくなるんですね。

ただし、お肌が弱い人は、化粧水の前にオイルをつけると肌トラブルを起こすこともあります。

ですから、ブースター美容液の代わりに使う場合は、少しずつ様子を見ながら試すようにしてください。


終わりに


今回は、主な美容オイルの種類と、毎日のスキンケアの中でどの順番で使えばいいのかについてお話してきました。

最近、注目を集めている美容オイルですから、自分の肌に合うものを見つければスキンケアの強い味方になってくれると思います。

美容液の代わりとして使うのか、あるいはブースター美容液として使うのかで、順番は変わってきますが、いずれにしてもお肌に馴染みやすいものですから美肌効果が期待できるでしょう。

オイルの種類によって、乾燥肌に効果が高いものやエイジングケアが期待できるもの、ニキビの改善に効果があるものなど色々ですから、少量ずつ試しながらご自身の肌にフィットするものを見つけてみてくださいね。

スポンサーリンク