口角を上げて笑顔になることは、心身の健康にも、そして人間関係にも良い影響が期待できます。

でも、口角を上げる習慣がついていないときには、これを続けるだけでも結構ツライ場合もあるんですよね。

というのも、口角を上げるためには表情筋を使う必要があります。

ですが、日本人の場合、表情筋があまり発達していない人も多いので、せっかく口角を上げても、その表情を維持することが難しいんですね。

そこで、表情筋を鍛えるために、割り箸を使ったトレーニングをご紹介します。

必要なのは割り箸だけですから、お金もかかりませんし手軽に行えます。

それでいて効果は抜群ですから、ぜひ実践してみてくださいね。

スポンサーリンク


割り箸を使った笑顔トレーニング


割り箸を使って口角を上げるトレーニングの中でも、もっとも効果的なものをご紹介します。

鏡を見ながら、早速試してみてくださいね。

  1. 割り箸をしっかりと歯でくわえる
  2. 割り箸をくわえたまま口角をキュッと上にあげる
  3. この状態を30秒間キープする
  4. このとき、これ以上ないほどの笑顔を作る
  5. 10秒間休む
  6. 同じ要領で30秒間口角を持ち上げる
  7. また10秒間休む
  8. 最後にもう一度30秒間口角を持ち上げる
  9. 終わったら割り箸を外して鏡で笑顔をチェックする

割り箸をくわえて口角を持ち上げるという、とてもシンプルなトレーニングです。

でも、実際にやってみるとわかりますが、顔の筋肉がずいぶん鍛えられますよ。

トレーニング前とトレーニング後で、割り箸を外した状態の笑顔を比べてみると、効果が実感しやすいかもしれませんね。

詳しく解説してくれている動画もご紹介しておきますので、参考にしてみてください。



割り箸で口角を上げると期待できる効果は


口角を上げるトレーニングは他にもありますが、割り箸を使うと非常に簡単に表情筋を鍛えられるので、より効果を実感しやすいでしょう。

効果を実感できれば、それだけ続けようというモチベーションも維持しやすくなりますから、素敵な笑顔を早く手に入れられると思います。

口角を上げるというと、笑顔になるというイメージが強いと思いますが、実際にはそれだけでなく、表情筋が鍛えられることで肌のたるみを解消することもできます。

また、シワやほうれい線などを予防することにもつながりますので、常に若々しい印象をキープすることができるんですね。

それほどの効果を割り箸だけで得られるんですから、これを逃す手はありません。

ぜひ、実践してみてください。

スポンサーリンク


割り箸以外の道具を使う方法


手軽さという点では割り箸にまさるものはないと思いますが、さらに大きな効果を出したいという場合には、フェイシャルフィットネス専用のグッズも販売されています。

口にくわえて、様々なエクササイズをするというものですが、より大きな効果は期待できるようですので、試してみるのも面白いと思います。

ただ、ちょっとお値段は張りますので、「絶対に続ける!」という意志が強い人にだけオススメします。


終わりに


割り箸を使って口角を上げるトレーニングをご紹介しました。

割り箸を口にくわえた状態で口角を上げるだけどいう、とてもシンプルなトレーニングですが、その効果は絶大ですから、早速やってみてください。

最初のうちは、顔の筋肉がかなり疲れてくると思います。

それだけ表情筋が使われていないということですね。

表情筋が衰えると、顔全体が重力に負けて、どんどん下がっていきますから、これを食い止めることは若々しい表情を保つために重要です。

そのための道具として、割り箸がとても役立ってくれますから、ぜひ活用してみてください。

割り箸を使って、若々しく素敵な笑顔を手に入れましょう。

スポンサーリンク