ウォーキングを効果的に行なうためには、距離を適切に設定することも大切です。

でも、その目安って一体どのくらいなんでしょうか?

ポイントをまとめてみましたので、ぜひご参照ください。

スポンサーリンク


より高い効果を望むなら長距離が理想ですが・・・


ダイエットなどが目的でウォーキングをする場合、なるべく長い距離を歩いたほうが効果が高いのは間違いありません。ですが、これも条件によって変わってくるものです。

例えば、ウォーキングを始めたばかりの人が「早く痩せたいから」という理由だけで、いきなり長距離を歩くのは禁物。無理をすると思わぬ故障が起きてダイエットどころではなくなります。

ですから、まずは無理のない範囲で始めることを意識しておきましょう。

具体的な数値を見ると、一般的には「10kmを目安にするのが望ましい」と言われています。確かに10km歩けば、十分な運動効果が得られるでしょう。

ただ、これはウォーキングに慣れている中級者以上の目安と言えます。初心者であれば、まずは半分の5kmを目標に歩くことをオススメします。

いきなり長距離ではなく、短い距離からはじめて体の調子を見ながら徐々に伸ばしていくというのが、無理なく効果的に続けられるポイントになるでしょう。

ウォーキングの距離、目安になるのはどのくらい?

距離はどうやって測ればいいの?


距離の目安がわかっても、それをどうやって測ればいいのか?疑問に思う方もいらっしゃるかもしれませんね。

地図などで測ってもいいのですが、現代には便利なツールがあります。そう、スマホのアプリを使うのです。

iPhoneでもAndroidでも、ポケットに入れておけば自動的に距離を計測してくれるアプリがたくさんありますので、デザインや使いやすさなどで気に入るものを探してみてください。きっと歩くのが楽しくなると思いますよ。

「私、まだガラケーなんです」という方は・・・

この機会にスマホに替えることを検討されてはいかがでしょうか(笑)

スポンサーリンク


5kmでもキツイよ、という場合は


今まで、あまり運動していなかった方にとっては、5kmでも大変な距離に感じるかもしれません。

でも、5kmというのは、あくまでも目安。

そんなにとらわれなくても大丈夫です。

5kmが辛ければ、1kmでも2kmでも構いませんから、まずは歩き始めましょう。そして、少しずつ距離を伸ばしていけばOKです。

また、一気に5kmでなくても、日常生活の中で小分けにしながら歩いていけば、意外とそれ以上の距離を歩いていたりするものです。

難しく考えることより気軽に考えて、実践を増やしていくようにしましょうね。

終わりに


ウォーキングの距離は、どのくらいを目安にすればいいのかを見てきましたが、いかがでしたか?

ひとまず、5kmや10kmという数字を出しましたが、あくまでも目安ですので、これを参考にして自分に合った距離を見つけてください。

もちろん、1回距離を決めたからといって、ずっとそれを守り続けなければいけないというものでもありません。

大切なのは続けること。それが効果を感じるための秘訣もでありますから、その時々の状況にあわせて臨機応変に考え、実践してくださいね。


スポンサーリンク