立ちくらみは女性に多いということが、よく知られていますね。

ですから、立ちくらみになっても「このくらいは、よくあることだから大丈夫でしょう」と軽く見てしまいがち。

確かに、あまり心配がないケースもありますが、ときには深刻な原因が隠れていることもありますので、注意は必要です。

症状が重くなると、少しクラっとする程度ではなく、気を失って思わぬケガをしてしまうこともありますから、立ちくらみって決してあなどれないものなんです。

そこで、女性が立ちくらみになる場合の原因と効果的な対策について、詳しくお話していきましょう。

頻繁な立ちくらみでお悩みの方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク


立ちくらみが起きる原因


立ちくらみは、脳内で一時的に血液が不足し、それが酸素不足につながることで起きるものです。

ですから、主に血液の流れが関係しているということになりますね。

お風呂あがりや、急に立ち上がろうとしたときなどは、血液が一気に身体の下の方に下がってしまいますので、そのために脳内の血液が不足するわけです。

他に、低血圧や貧血が原因のケースもありますが、いずれにしても血液の流れが影響していることには変わりがありません。

また、血流が乱れる原因として自律神経が関係しているケースもあります。

ストレスが溜まっていることによって自律神経に乱れが生じ、その結果、血液の流れが上手くいかなくなり立ちくらみにつながるということですね。

不規則な生活が続いているという場合には、できるだけ生活習慣を整えていくようにしたいものです。

立ちくらみの原因~女性の場合はここに気をつけましょう!

効果的な対策は?


基本的には、急に立ち上がろうとせず、ゆっくり動くことを意識しておくことが大切です。

先ほどもお話したとおり、立ちくらみは脳内で一時的に血液が不足することが原因ですから、急に血液が下がってしまわないようにしておけば、状況的には避けることができますね。

ただし、これは対症療法のようなものですから、根本的な解決にはつながりません。

低血圧が原因の場合には、栄養のバランスが取れた食事を心がけたり、ウォーキングなどの軽い運動を取り入れたりして、血圧を適度に上げることも意識しておきましょう。

貧血が原因なら、まずは鉄分を豊富に含むレバーやほうれん草などの食材を積極的に摂ることも効果的です。

また、自律神経の乱れが原因だと思われる場合には、生活習慣を整えて上手にストレスを解消できるよう工夫していきましょう。

これらをまとめると、次のポイントに気をつけておくことが立ちくらみへの効果的な対策ということになります。

  • ゆっくり動く
  • 栄養バランスの取れた食事を心がける
  • 規則正しい生活を心がける
  • ウォーキングなどの軽い運動を取り入れる

この4つのポイントは、基本的にどんな原因で起こる立ちくらみにも効果的ですから、ぜひ意識しておきましょう。

スポンサーリンク


頭痛や吐き気があるときは要注意


多くの場合、立ちくらみの原因は先ほどお話したものですが、中には深刻な病気が隠れていることもあります。

特に、頭痛や吐き気がある場合は注意しておいてください。

脳になんからの異常があるために血行不良が起こっていることも考えられます。

もし、立ちくらみが頻繁に起こるようなら、早目に病院へ行き診察を受けてください。

万が一、何かの病気があった場合には、早期発見が最大の対策となります。

終わりに


女性が立ちくらみになる場合の原因と効果的な対策についてお話してきました。

「立ちくらみくらい、大したことないでしょう」と、ついつい軽く見てしまいがちですが、放置していると思わぬケガにつながることもありますので、十分注意しておきましょう。

多くの場合は、規則正しい生活を心がけることで改善できるものです。

立ちくらみをキッカケに、生活習慣を見直してみるのも良いでしょう。

スポンサーリンク