高速道路の本線に合流する場合、『本線優先』というのが基本的なルールです。

これをしっかり確認しておかないと、様々なトラブルにつながる可能性もありますので、自動車を運転するのであれば絶対に知っておかなければいけないことの一つと言えます。

ですが、その一方で、いくら本線が優先とは言っても、合流車のことを無視したような運転が横行してしまったのでは、それも問題となるでしょう。

ここは、バランスが必要なところと言えるのかもしれませんね。

今回は、高速道路での合流と、本線優先の考え方について詳しく見ていきたいと思います。

誰もが気持ちよく運転できるように、参考にしていただければ幸いです。

スポンサーリンク


本線優先の考え方


まず、道路交通法第75条の六では、次のように規定されています。

自動車(緊急自動車を除く。)は、本線車道に入ろうとする場合(本線車道から他の本線車道に入ろうとする場合にあつては、道路標識等により指定された本線車道に入ろうとする場合に限る。)において、当該本線車道を通行する自動車があるときは、当該自動車の進行妨害をしてはならない。ただし、当該交差点において、交通整理が行なわれているときは、この限りでない。


これが本線優先という基本的なルールですね。

ですから高速道路でも、合流しようとしている車が本線を走っている車の進行を妨害してはいけないということになります。

つまり、できるだけ本線の流れを読みながらスムーズに合流することが必要だということですね。

これは大前提として覚えておきましょう。

高速道路での合流~優先されるのは本線ですが・・・

“優先”という範囲は?


ですが、いくら本線優先とは言っても、合流車のことをまったく考えずに走っている車ばかりでは危険ですよね。

合流車に意地悪するような感覚で走ることにつながっても困りますし、場合によっては事故を起こす可能性も出てきます。

ですから、本線の走る車の方にも、ある程度は譲る気持ちが必要でしょう。

先ほどの道路交通法第75条の六で規定されている「当該自動車の進行妨害をしてはならない」という項目ですが、何が進行妨害に当たるのかということも考えておきたいところです。

これは解釈によって幅ができるところではありますが、通常は急ブレーキや停車せざるを得ないほどの状況にまで至った場合を進行妨害ということになるでしょう。

つまり、多少の減速や進入路を譲るくらいのことは妨害ではなく、配慮と考えたいところです。

そうでないと、特に運転初心者の場合、高速道路での合流はとても難しいものですから、合流できないまま立ち往生することにもつながりかねません。

あくまでも“優先”であり、絶対的な権限ではないということを意識しておきたいところですね。

スポンサーリンク


最終的には互いの配慮が必要


本線優先だからと言って合流車を無視するような運転は問題です。

その一方で、合流する側が「本線の車が道を開けてくれて当然」だと思っていたとすれば、それも問題です。

結局は、お互い配慮が大切だということになるでしょう。

高速道路に限ったことではありませんが、誰もが安全に、そして気持ちよく走るためには、それぞれのマナーや配慮、思いやりが必要です。

「自分さえ走りやすければ良い」という感覚ではトラブルも起こりやすくなるでしょうから、くれぐれも気を付けておきたいところですね。

終わりに


高速道路での合流と、本線優先の考え方についてお話してきました。

本線優先というのは基本的なルールですので、これを踏まえておくことは必要です。

ですが、ルールというのは誰もが安全で気持ちよく過ごすためのものですから、それを踏まえることはもっと大切だと思います。

本線を走る側も、そして合流する側も、互いに配慮を持って運転する社会でありたいものですね。

スポンサーリンク