高速道路での合流が苦手だという人は多いものですよね。

時速100km近い高速で走っている車の中に入っていくのですから、決して簡単なものではありません。

ですが、この難しい高速道路での合流にも、いくつかのコツがあります。

細かく見ていけば、加速や確認などに分けられるのですが、それらを一言でまとめると『流れを読む』ということに集約されます。

高速道路で安全に走るためには、自分だけのペースではなく全体の流れを読んで、そこに合わせていくことが一番のポイントになるんですね。

そこで今回は、高速道路での合流のコツとなる、流れを読むということについて、詳しくお話していきましょう。

スポンサーリンク


流れに合わせた加速


高速道路での合流には加速が大切だと、よく言われますよね。

実際に加速は大切なポイントなのですが、ただ単に加速すればいいというものではありません。

通常、高速道路では時速100kmくらいで車が走っていることが多いですが、混み具合によってはもっと速度が遅いこともあり得ます。

帰省ラッシュのときなどには低速道路になっていることもあるわけですから、むやみに加速すればいいというものではありません。

やはり流れを読むことが必要不可欠となるわけです。

ですから、加速レーンを走っているときに、本線の車とのスピード差がどのくらいあるのかということを、加速する目安にしましょう。

その流れより遅すぎても早過ぎても危険ですから、確実に流れを読む習慣をつけていきたいものです。

高速道路で合流するときのコツ~流れを読むことが決め手です!

合流地点を決める


単に加速して走っていれば合流できるというものではありません。

走りながら、「あの車の次に合流しよう」というような、合流地点を想定することが必要です。

バックミラーなどで合流の目標となる車を決めたら、走りながらその車との距離感を測っていきます。

もし、その車がどんどん大きく見えてくるようであれば、かなり自分のスピードが遅いということになりますね。

その場合は、もう少し加速しながら、後続車がいないことを確認して合流すると良いでしょう。

逆に、目標にした車がどんどん小さくなるようであれば、本線よりもスピードが上がっていますので、無理のないタイミングで合流すればOKです。

もちろん必要であればスピードも落とすようにしてください。

意外と合流地点を決めないまま走ってしまっている人も多いですので、ここはしっかりと意識しておきましょう。

全体の流れを読みながら合流する場所を決めると、それだけでもずいぶんスムーズに走ることが出来るようになりますよ。

スポンサーリンク


合流してからも流れを読む


多くの人は合流することばかりに気を取られてしまいがちですが、本来は合流してからのほうが大切です。

「やっと合流できた」という安心感から気を抜いてしまうと、思わぬ事故に繋がる場合もありますので、十分に注意しておきましょう。

ここでも全体の流れを読むことは大切です。

流れに乗ってしまえば楽なのですが、合流した直後は全体のスピードと合っていな場合もありますので気をつけておきましょう。

「とにかく加速しなければいけない」と思い込み過ぎて必要以上にスピードが上がっていることも少なからずありますので、常に流れを読むことを意識しておいてください。

終わりに


高速道路で合流するときのコツとして、流れを読むということをお話してきました。

言われてみれば当たり前のことかもしれませんが、慣れないうちは、それが難しいものです。

逆に、ベテランドライバーになり、「運転が上手い」と言われている人ほど、流れを読む能力にも長けているものです。

全体の流れの中で、その流れを滞らせないように走るのが本当にうまい運転ですから、ぜひそこに慣れていくようにしましょう。

流れを読むコツがつかめてきたら、高速道路の合流もずいぶん簡単になってくるはずですよ。

スポンサーリンク