「ストレスが溜まると、いつの間にか爪がボロボロになっている」

こういう人は意外と多いものです。

ストレスが身体に悪影響を及ぼすことはよく知られていますが、特に爪を噛む癖がある人にはその影響がまともにあらわれます。

また、爪を噛む癖がなかったとしても、ストレスのために栄養が爪まで行き渡らなくなるという可能性も考えられますから、いずれにしてもストレスは上手に解消したいものです。

そこで、ストレスが原因で爪がボロボロになってしまう人のために、効果的な対処法をお話していきましょう。

実践しやすいものから試してみてくださいね。

スポンサーリンク


ストレスで爪を噛む場合は


子供の頃から爪を噛む癖がある人は多いものです。

ずっとその癖が取れない人もいますし、一時的になくなっていたとしてもストレスのために爪を噛む癖が復活してしまう人もいます。

ですが、爪を噛むとボロボロになってしまいますので、「爪を噛んじゃいけない!」と自分で言い聞かせるようになるのですが、これがまたストレスになるという悪循環を繰り返します。

こうなると、なかなか対処が難しいのですが、悪循環を断ち切るのは意志の力しかありませんので、まずは「爪を噛まない」という決心を強く持ちましょう。

決心だけで爪を噛む癖がなくせるわけではありませんが、決心しなくては何も始まりません。

ですから、まずは強い意志を持ち、その上で具体的な対処をしていきましょう。

爪がボロボロ~ストレスとの関係や効果的な対処法は?

爪を噛む癖をなくすための具体的な方法


具体的に爪を噛む癖をなくすには、次の3つのポイントを意識すると良いでしょう。

  1. 爪を噛んでいることに気づく
  2. 爪をキレイに整える
  3. 物理的に爪を噛めないようにする

1つ目の“爪を噛んでいることに気づく”というのは、当たり前だと思われるかもしれませんが、多くの人は無意識で爪を噛んでしまうものです。

無意識だからこそ癖と呼ばれるのですが、「今、爪を噛もうとしている」と気づくことで、その癖を止める第一歩が踏み出せます。

できるだけ自分の行動に意識的になるようにしましょう。

2つ目の“爪をキレイに整える”というのは、爪を丁寧に磨いたり、ネイルアートを施したりすることで「キレイな状態を崩したくない」という意識を持つことが目的です。

ですから、ちょっと奮発してネイルアートをしてみるというのも良い方法になります。

「これ、結構高かったから、そんな簡単にボロボロにできない」と思うと、自然にブレーキがかかるでしょう。

3つ目の“物理的に爪を噛めないようにする”というのは最後の手段です。

例えば、普段からマスクをしておけば、それを外さないと爪は噛めなくなりますね。

他に、爪を噛む人のための苦いクリームもありますから、それを爪に塗っておくというのも良い方法です。

もちろんネイルアートやマニキュアも、物理的に爪を噛めないようにする手段の一つになりますね。

これらの方法を組み合わせていくと、爪がボロボロになるのを、かなり防げるようになりますよ。

スポンサーリンク


ストレス解消のために


爪を噛む癖をなくす工夫をしても、ストレスが溜まっていたのでは根本的な解決にはなりません。

また、爪を噛む癖がないのにボロボロになってしまう人もいますから、やはりストレス解消は大切です。

基本的には、できるだけ規則正しい生活を送り、睡眠時間をたっぷり取るようにしましょう。

これだけでも、ずいぶんストレスは軽減できるものです。

さらに、適度な運動や、好きなことをする時間を持つようにすると、かなりストレス解消に繋がるはずですから、ぜひそのような工夫も取り入れていきましょう。

終わりに


ストレスで爪がボロボロになってしまう人のために、効果的な対処法をお話してきました。

爪を噛む癖がある人は、できるだけ早いうちにその癖をなくしたほうが良いですので、ご紹介した方法を試してみてください。

また、ストレス解消のための工夫を取り入れることも大切です。

上手にストレスを吹き飛ばして、キレイな爪を手に入れましょう。

スポンサーリンク