歯の悩みを抱えている人は多いものです。

生まれつきの歯の質や、歯磨きをはじめとしたケアのやり方などで個人差はあるものの、30代に入ったくらいから自分の歯に不安を感じているという人は少なくないでしょう。

中には、すでに歯がボロボロになっているという人もいるほどです。

しかし、何の理由もなく歯が悪くなるわけではなく、そこには必ず原因があるものです。

逆に言うと、その原因さえ知っていれば、歯がボロボロになる前に適切な対処ができるようになりますね。

そこで、30代を過ぎても健康な歯を維持できるように、ぜひ知っておきたい歯の新常識をご紹介していきましょう。

スポンサーリンク


歯のケアは歯医者さんに相談するのが一番ですが・・・


歯の専門家といえば、もちろん歯医者さんです。

加えて、歯というのは基本的に自然治癒することはありませんから、虫歯などの問題がある場合には歯医者さんにかかるしか方法はないわけです。

しかし、その一方で、歯医者さんにも色んな人がいるということは知っておくべきです。

というのも、何年か前から歯医者さんの数は10万人を超えていて、歯科医院の数はなんとコンビニよりも多いと言われているのです。

そうなると、歯医者さんも生き残るために必死なんですね。

そこで、「どこにも負けないくらいレベルの高い診察をしよう!」と思ってくれればいいのですが、残念ながらそうではない歯医者さんもたくさんいます。

言葉は悪いですが、いわゆる金儲け主義の歯医者さんがいることも現実なのです。

ですから、30代を過ぎても健康な歯を維持するためには、良い歯医者さんを見つけることが必須条件といえるかもしれません。

30代で歯がボロボロになる原因~知っておきたい歯の新常識

歯の治療法も進化している


少し前までは、「とにかく虫歯は削り取り、必要であれば歯の神経や、歯そのものを抜いてしまう」というのが歯科治療の常識でした。

ですが、最近ではそれも変わりつつあります。

もちろん虫歯の進行具合にもよりますが、『虫歯があっても、できるかぎり自分の歯を温存する』というのが、最近の歯科治療の考え方なのです。

特に、神経を抜くことが歯にとって危険だということは新常識となりつつあります。

神経を抜けば痛みは感じなくなりますが、それは逆から見ると、歯に異常があっても気がつかなくなるということです。

そのため、本人が知らない内に治療後の歯に異常が広がり、ボロボロになってしまうというケースも多かったのです。

スポンサーリンク


ですから、今でも神経を抜こうと提案する歯医者さんがいれば、注意したほうがいいですね。

もし、今かかっている歯医者さんでそのような提案を受けた場合には、「少し考えさせてください」と答えて、その後は行かないようにすることをお勧めします。

また、最近は歯を削らずにレーザーで虫歯を治療する方法や、オゾンの働きで虫歯菌を殺す方法など、新しい治療法がどんどん考案されています。

そのような治療法を提案してくれる歯医者さんなら安心できるのですが、今のところは残念ながら、まだまだ少ないようです。

終わりに


30代を過ぎても健康な歯を維持するためには、良い歯医者さんを見つけることが大切です。

しかし、現実的にはそれが一番難しいかもしれません。

ただ、コンビニよりも歯科医院が多いと言われている時代ですから、歯医者さんを見つけることは決して難しいものではありません。

「ここだ!」と思える歯医者さんを見つけられるまでは、何ヶ所か回ってみるくらいのつもりでいる方がいいかもしれませんね。

歯医者さんに限らず、現代はセカンドオピニオンを持つことが常識となりつつあります。

どんなに優れたお医者さんや病院でも、1ヶ所だけでは見つけられないような問題はあるものです。

間違った治療を受けると、かえって歯がボロボロになることもありますから、そうならないように良い歯医者さんを探してみてください。

スポンサーリンク