大切に飼っている愛犬が発情期を迎えたら、子どもを産ませてあげるのか、それとも避妊手術をするのか、飼い主さんであれば迷うこともあると思います。

動物である以上、子孫を残そうとする本能を持っていることは自然ですし、それを人間がコントロールしていいものかどうかについては賛否が分かれるところでしょう。

しかし、望まない妊娠や無責任な繁殖のために、殺処分されている命がたくさんあることも事実です。

これらを踏まえて考えると、安直にどちらが良いとは言い切れないのですが、犬も成長していきますので、どこかで結論は出さないといけません。

そこで、避妊手術をするべきかどうかの判断材料となるように、それぞれのメリットデメリットをご紹介していきます。

大切な愛犬と幸せに暮らしていくための参考として、ぜひご覧ください。

スポンサーリンク


避妊手術を行うメリットとデメリット


避妊手術を行うと、言うまでもないことですが子孫を残す能力がなくなりますので、いわゆる発情期もなくなります。

これは、ある面から見ると確かに可哀想なことかもしれないのですが、実は一概にそうとも言えません。

避妊手術を行うメリットとして、次のようなことが挙げられます。

  • 発情期の度にストレスを感じなくて済む
  • メス犬であれば子宮や卵巣、乳腺などの病気を予防できる
  • オス犬であれば精巣や前立腺の病気を予防できる

実は、犬にとっても発情期というのは、心身ともに大きなストレスとなっているものなのです。

発情期を迎えているのに交尾や妊娠ができない状況はもちろんストレスになりますし、それによってホルモンの分泌も影響を受け、病気を起こす原因にもなります。

また、メス犬の場合、年齢によっては妊娠自体も大きな負担となりますから、それも考えてあげないといけません。

これに対して、避妊手術を行うデメリットは何かというと、もちろん子孫を残せないということです。

これは動物の本能から見ると大きなデメリットとなりますが、人間と一緒に暮らすことを前提とすると、必ずしもデメリットと言い切れないものでもあります。

判断が難しいところですね。

犬の発情期~避妊手術のメリットとデメリット

避妊手術を行わないメリットとデメリット


では、避妊手術を行わない場合はどうなるでしょうか?

もちろん最大のメリットは、犬が子孫を残せるということですね。

これは種族としては自然なことですし、飼い主さんが子どもを産ませることを望むのであれば、全く問題はありません。

対して、避妊手術を行わないデメリットはというと、次のようなことが考えられます。

  • 望まない妊娠の可能性がある
  • ホルモンの影響による病気を起こしやすい

何と言っても、望まない妊娠というのが一番大きな問題となります。

スポンサーリンク


犬の場合、種類にもよりますが、一回の出産につき平均で4~5匹は生まれます。

これらの子犬をちゃんと育てられるのかどうかは、事前にしっかりと考えておかないといけません。

年間に殺処分される犬の数は2万匹以上と言われています。

もし、ちゃんと育てられずに殺処分されてしまうのであれば、これほど残酷なことはありません。

また、ホルモンの影響による病気を起こしやすいことも知っておきましょう。

もちろん、発情期の度にストレスも感じますから、そのことも考慮しておくほうが良いでしょう。

終わりに


犬の発情期への対処として、避妊手術を行うべきかどうか、その基準となるようにメリットとデメリットを挙げてみました。

犬の繁殖活動を人間がコントロールしていいものかどうかは確かに難しい問題です。

しかし、人間社会で一緒に暮らていくことを考えると、避妊手術をしたほうが犬にとって過ごしやすい面があることも事実です。

これらを踏まえたうえで、愛犬との生活で一番良いと思える選択をしてみてください。

スポンサーリンク