メニエール病といえば、激しいめまいや耳鳴りを起こすことが特徴ですが、他にも同じような症状の病気はたくさんあります。

そのため、なかなか正確な判断がしづらいものなのです。

特に、めまいや耳鳴りというと、つい軽く考えてしまい「すぐに治るだろう」と放置されてしまうことも多く、その結果、症状が長引いてしまいます。

メニエール病は、早い段階で治療すれば必ず治ると言われているものですから、できるだけ初期のうちに対処しておきたいところです。

そこで、的確な判断をするための助けとなるように、メニエール病の初期症状について詳しくお話していきましょう。

心当たりのあるものが見つかれば放置せず、すぐに病院で正式な検査を受けてみてください。

スポンサーリンク


回転性のめまい


メニエール病といえば、まずは激しい回転性のめまいが特徴です。

特にキッカケらしきものもないのに、急にめまいが始まるようであれば注意してください。

「目が回る」という表現がピッタリなほどグルグルと回転したようになり、やがて平衡感覚もおかしくなってきます。

さらには立っていることもできず、かといって横になっても落ち着かずという状況になりますので、この間は相当つらい状況に襲われるでしょう。

この回転性めまいは、短ければ30分くらいで治まりますが、長いときには数時間続くこともあります。

さらに冷や汗や吐き気ももよおし、顔面蒼白になることもありますから、無理に動こうとせず安静にすることが大切です。

メニエール病の初期症状とは?知っておきたい見分け方

耳鳴りや難聴


めまいと同時に、耳鳴り難聴といった耳の不調が起きることもメニエール病の大きな特徴です。

どちらも、めまいが治まると同時になくなるというケースが多いのですが、ときには長引いてしまうこともあるようです。

耳鳴りを何度も繰り返していると常に耳鳴りが続くようになったり、難聴を繰り返すうちに聴力が落ちていったりすることもありますから、なるべく早い処置が必要となります。

また、難聴に関しては、中低音が聞き取りにくくなるという特徴があります。

これも判断基準の一つにしておくと良いでしょう。

頭痛


メニエール病では、頭を押さえつけられたような圧迫感のある頭痛を感じるケースもあります。

めまいと一緒に強い頭痛が襲ってきたときには、かなり危険な場合もありますので、できるだけ早く病院で診てもらうようにしましょう。

ただし、この状態になったときには一人では動けないと思いますから、助けてくれる人がいない場合には救急車を呼ぶことも考えたほうが良いでしょう。

それほどの緊急事態ですので、早急に対処してください。

スポンサーリンク


吐き気や嘔吐


めまいとともに吐き気に襲われることもよくあります。

多くの場合は吐き気だけですが、本当に嘔吐してしまうケースもあるようです。

感覚としては乗り物酔いに似たようなものですが、それのさらにひどいものと考えておくと良いでしょう。

また、身体がフワフワ浮いているような感覚や、傾いているような錯覚に襲われ、それとともに吐き気がするケースもあるようです。

こうなると転んでしまうこともありますから、移動には十分注意してください。

終わりに


メニエール病の特徴的な初期症状をご紹介してきました。

基本的には激しいめまい耳鳴りなどの症状が重なりますので、まずはこれを覚えておくと良いでしょう。

めまい自体が激しいものですから多くの場合は異常だと感じるはずですが、早ければ30分ほどで治まってしまうこともあります。

そこで安心すると、結果的に治療が遅れてしまい、病状が長引くことになりますから、できるだけ早急に病院で診てもらうようにしましょう。

正式な検査を受けて大した問題がなければ安心材料になりますが、油断してしまうと病期の進行がどんどん進んでしまいます。

早期発見が早期回復につながりますから、ちょっとでも心当たりがあれば医師に相談してみましょう。

スポンサーリンク