妊娠すると現れてくるのが、いわゆる初期症状というもの。

よく知られているのは、つわりですね。

ですが、この初期症状はつわりだけでなく、他にも様々なものがあります。

その中の一つが動悸

妊娠したばかりで動悸がひどくなると、どうしても不安になってしまいますが、多くの人が経験していることですので、まずはそれを知っておいてください。

とはいえ、なぜそんな症状が出てくるのか、また、どう対処すれば良いのかがわからないと、なかなか安心できないと思います。

そこで、妊婦さんによく見られる動悸の理由と、その対処法をご紹介していきましょう。

スポンサーリンク


妊婦さんの身体の変化


妊娠するということは、言うまでもなく身体に大きな変化をもたらします。

妊娠初期の場合は、まだ赤ちゃんも小さいですが、少しずつ成長していくわけですから、その影響はお母さんの身体にも現れてくるものです。

特に目立つのが“プロゲステロン”と呼ばれるホルモンが多く作られるようになること。

これは、妊娠の状態を正常に維持するために必要なものなので、妊婦さんにとっては大切なホルモンなのですが、呼吸中枢を刺激する性質も持っているため動悸を起こしやすくなるんです。

また、赤ちゃんがお腹の中で成長するためには、お母さんからせっせと栄養を送ってあげないといけませんよね。

その栄養はどうやって送るのかというと、血液を通じて送ることになります。

つまり、妊婦さんになると、それまで以上に大量の血液が必要になるということなんですね。

ところが女性の場合、元々貧血気味の人も多いですから、どうしても血が薄くなってしまいやすいんです。

特に鉄分が欠乏してしまいやすいんですが、これがまた動悸の原因になります。

妊娠初期でそうであれば、赤ちゃんが大きくなるほど、その症状も強くなりやすいので、できるだけ早いうちから対処法を知っておきたいところですね。

妊婦の動悸~妊娠初期に息苦しくなる理由と対処法をご紹介

動悸への対処、まずは鉄分補給から


プロゲステロンは妊婦さんにとって必要なものですので、これが増加するのを止めることはできません。

でも、貧血に対処することはできますよね。

鉄分が欠乏してしまいやすいわけですから、その分しっかりと補給してあげることが対策となります。

鉄分の多い食材としては、

  • 海苔やヒジキなどの海藻類
  • 切り干し大根
  • パセリ
  • 納豆
  • 小松菜
  • ほうれん草
などが挙げられます。

また、レバーも鉄分は多いのですが、ビタミンAも大量に含まれています。

実は妊婦さんがビタミンAを過剰摂取すると、お腹の赤ちゃんに害を与えることもあると言われていますから、注意が必要です。

でも、週に1度、少量であれば問題はありません。

スポンサーリンク


ストレスを溜めないことも大切


妊婦さんになると、身体だけでなく精神面にも変化が起こります。妊娠初期であれば、戸惑うことも多いですから、当然といえますね。

すると、どうしても溜まりやすいのがストレス

ストレスが妊婦さんにも赤ちゃんにも良くないのは、言うまでもないでしょう。

できるだけストレスを溜めないよう、ゆっくりお風呂に浸かるようにしたり、アロマキャンドルなどでリラックスタイムを作ったりするのもいいですね。

また、運動不足防止のために、マタニティヨガなどをやってみるのもいいと思います。

やりやすいところから、リラックスできる方法を見つけてみてください。

動悸がつらいときには


どうしても動悸がつらいと感じたときには、できるだけすぐに身体を休ませましょう。

無理は禁物ですから、自分のためにも赤ちゃんのためにも、休憩をしっかり取ってください。

終わりに


妊娠初期の妊婦さんによく見られる動悸の理由と、その対処法をご紹介してきました。

妊婦さんになると、様々な変化が身体にも心にも現れますが、動悸もその中の一つと言っていいでしょう。

症状がひどいときにはつらいこともありますが、上手に付き合いながら、大切な赤ちゃんと一緒に妊娠期間を過ごしていきましょうね。

スポンサーリンク