小指の指先がしびれている。こんな状態が続くようであれば、何かの病気の初期症状かもしれません。

小指のしびれは、肩こりなどが原因の場合もありますが、長年の生活習慣のために神経が圧迫されて起こっているケースもあります。

さらには、脳疾患心筋梗塞など、命に関わる病気が原因という場合もありますから、十分な注意が必要です。

ここでは、小指の指先がしびれる原因として考えられるものをいくつかご紹介していきますので、ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク


肩こりが原因の場合


『肩こり』の影響で小指がしびれることもよくあります。

「なんだ、肩こりか」と軽く考えてしまいがちですが、これは意外と侮れないものですよ。

肩がこると血行が悪くなり、それを放置していると肩甲骨の回りの筋肉にもどんどんこりが広がっていきます。

その結果、頚椎を走っている神経が圧迫されて小指のしびれにつながっていくのです。

しびれが一過性のものなら、あまり問題はありませんが、ずっと続くようであれば頚椎に異常が起きている可能性もありますから、早目に病院で診てもらったほうが良いでしょう。

指先のしびれ~小指がしびれるときの原因はこれかも知れません

肘部管症候群が原因の場合


小指がしびれる原因として、もっとも可能性が高いのが、この『肘部管症候群』です。

“肘部管”というのは肘の中にあるトンネルのようなもので、この中には小指と薬指の半分の感覚を支配している“尺骨神経“というものが走っています。

尺骨神経が圧迫されている状態を肘部管症候群と呼ぶのですが、これは仕事やスポートなどで肘を酷使した人や、肘を骨折した後遺症で発症するケースが多いようです。

ただ、特に原因らしきことに心当たりがなくても発症するケースもあります。

親指から中指までは何ともなく、小指だけ、または小指と薬指の小指側の部分だけがしびれるようであれば、ほぼ間違いなく肘部管症候群でしょう。

対処法として自分でできることは安静にしておくことくらいですので、しびれが軽いうちに整形外科や神経内科などで診てもらうようにしてください。

脳梗塞が原因の場合


もし、しびれているのが左手の小指なら『脳梗塞』の可能性も考えられます。

実際に、脳梗塞の予兆として左手の小指がしびれるということはよくありますので、注意しておくようにしましょう。

特に、小指のしびれだけでなく脱力感も重なっているようの場合は脳梗塞の可能性が高いですので早目に病院に行くようにしてください。

放置すると言語障害半身不随になることもありますので、早期治療が大切です。

スポンサーリンク


心筋梗塞が原因の場合


『心筋梗塞』の予兆としても、左手の小指がしびれることがあります。

これは、心臓の冠動脈が動脈硬化を起こし、酸素が上手く取り入れられなくなることが原因だと言われています。

早めに治療を受ければ大事には至りませんが、放置していれば命に関わりますから十分に注意しておきましょう。

食生活をはじめとした生活習慣の改善が必要ですが、異常を感じたときには早目に病院に行くようにしてください。

終わりに


小指の指先がしびれる原因として考えられるものを4つご紹介してきました。

他に、椎間板ヘルニア糖尿病などが原因の場合もありますので、なかなか自分自身で特定することは難しいですが、一つの参考として活用してください。

もっとも多いのは肘部管症候群ですが、先ほどもお話したとおり、特に肘を酷使した覚えがなくても発症するケースがあります。

なかには、肘を曲げて手を枕のかわりにして寝ていただけで発症したという人もいるようです。

何が原因になるかはわかりませんので、少しでも違和感を覚えるようなことがあれば、早目に病院で診てもらうようにしましょう。

どんな病気でも同じことがいえますが、早期治療が何よりも大切です。

「忙しさにかまけて放置していたら病状が進行してしまっていた」ということがないように、十分気をつけるようにしてください。

スポンサーリンク