めまいというと、女性に多いというイメージをお持ちの方が多いかもしれませんが、実は、男性にも決して少ないわけではないんです。

特に病気をしているわけでもないのに、ふわふわしためまいに襲われて、地に足がつかないような心地悪さを抱えている男性が増えてきているといいいます。

「めまいくらい大丈夫だろう」と軽く見て放置している人も多いかもしれませんが、身体が何らかの不調を起こしていることは確かですから、なるべく早く対処したいものです。

また、高齢の男性がふわふわしためまいを感じるときには、重い病気が隠れているケースもあります。

いずれにしても、軽視しないほうが良いのは確かですから、この機会に男性のふわふわめまいの原因について、くわしく知っておきましょう。

スポンサーリンク


筋肉のこりが原因のふわふわめまい


30~50歳くらいまでの比較的若い年齢層では、肩や首などのこり、つまり筋肉の緊張がふわふわめまいの原因となるケースが多いようです。

筋肉が緊張すると、どうしても血流が悪くなります。すると、頭が重くなったり、ふわふわめまいを起こしやすくなったりするのです。

デスクワークが多く、運動不足になりやすい現代人は、このタイプのふわふわめまいを起こしやすいといえるでしょう。

ただ、血流が悪くなるとは言っても、それは頭蓋骨の外側の話ですから、脳の血流障害ではありません。

ですから、脳梗塞などの原因になることはないので、それは安心してください。

このタイプのふわふわめまいを解消するには、筋肉のこりをほぐすことに尽きます。マッサージや適度な運動などを取り入れましょう。

めまいでふわふわする男性は要注意!意外な原因があるかも?

自律神経の障害が原因のふわふわめまい


自律神経のバランスが崩れることが、ふわふわめまいの原因になるケースもあります。

このタイプのふわふわめまいは、50歳前後が多いと言われていますが、ストレスや睡眠不足、あるいは更年期障害などが主な要因とされています。

更年期障害というと、昔は女性だけのものだと言われていましが、最近では男性にも更年期障害があることが広く知られてきました。

身体に変調をきたしやすい時期ですから、十分な注意が必要です。

基本的にはストレスを解消してあげればよいのですが、更年期の影響もあり、つい気持ちがふさぎ込みやすいですし、神経症になってしまうケースもありますから、焦らないことが大切です。

リラックスできる時間をなるべく多く作るようにして、心身ともにゆったりと過ごすようにしましょう。

スポンサーリンク


動脈硬化が原因のふわふわめまい


60~70歳くらいの、いわゆる高齢者になると、動脈硬化が原因でふわふわめまいを起こすケースがあります。

また、この年代になると、男性の比率が一気に増えるとも言われています。

筋肉のこりや、自律神経が原因の場合は、ある程度体力や気力で乗りきってしまった人でも、動脈硬化となるとなかなかそうもいかないのでしょう。

それに、若い頃からの生活習慣や無理がたたりやすい時期でもありますから、余計に不調を起こしやすいともいえるでしょう。

この年代の方は、動脈硬化から脳梗塞などを起こす可能性も考えられます。

ふわふわめまいは、その徴候かもしれませんから、気になったときにはすぐに病院で診てもらうようにしましょう。

終わりに


男性が、ふわふわめまいになったときの主な原因などについてお話してきました。

年齢によって、原因はまちまちですが、いずれの場合でも放置するのは良くありませんので、気がついたときにはできるだけ早く対処しましょう。

特に50歳以降は様々な身体の変調を起こしやすい時期です。

ふわふわめまいがキッカケで大きな病気を発見することもありますから、「めまいくらい」と軽く見ず、検査や診察など、病院に足を運ぶようにしてください。






スポンサーリンク