「小顔になりたいけど、整形でもしないと無理かな・・・」なんて思っている方、いらっしゃいませんか?

実は、そんなことしなくても小顔になれるエクササイズがあるんですよ。それも簡単に。

顔の骨格を変えることはできませんが、筋肉を引き締めることはできます。

顔の筋肉といえば表情筋。これを鍛えることで顔が引き締まり、その結果、小顔に見えるようになるんですね。

ちょっとした空き時間を利用して、短期間で効果を実感できるものがたくさんありますので、ぜひ試してみてください。

それでは、小顔になるための簡単エクササイズを、ご紹介していきましょう!

頬とアゴを引き締めるエクササイズ


まずは、とてもシンプルなのに効果的なエクササイズからご紹介しますね。

  1. 下アゴを突き出すように「うー」と長めに発声する
  2. 次はアゴを引き、唇を両端に引っ張って「いー」と発声
  3. 頬の筋肉を意識して唇をとがらせながら「すー」と発声
  4. 首筋の筋肉を意識してエラを張りながら「きー」と発声



「ウイスキー」とゆっくり発声するエクササイズです。

なるべく顔の各部の筋肉を意識して、長めに発声することがポイントです。

頬のたるみを解消するエクササイズ


このエクササイズも、とてもシンプルですよ。

  1. 口を軽く開ける
  2. 頬の筋肉を意識して持ち上げる
  3. これを10回繰り返す



たったこれだけですが、実際にやってみると頬の筋肉が疲れるのがわかると思います。

普段、あまり使っていない筋肉ですから、このエクササイズで鍛えてあげましょう。

スポンサーリンク


顔痩せエクササイズ


最後に、ちょっと本格的なエクササイズもご紹介しましょう。

  1. あぐらをかいて座る
  2. 指先を自分に向けて両手のひらを床につける
  3. 腹式呼吸を数回繰り返す
  4. アゴが緩んだと感じたら下唇を上のアゴにつける
  5. その状態で上を向いて鼻呼吸をする(アゴを突き出すように)
  6. 指先を自分に向けて両手の甲を床につける
  7. 背中を丸めるようにして鼻呼吸
  8. 上を向いて鼻呼吸
  9. 上記7.と8.を3回繰り返す
  10. 両手を膝の上に置き深呼吸



呼吸を伴った、ヨガ風のエクササイズです。

動画の中で細かな注意点にも触れているので、参考にしてください。

終わりに


小顔になるエクササイズとして、比較的簡単に行えるものを3つご紹介しました。

3つ目のものは少し本格的ですが、順序を覚えればすぐにできると思います。

1つずつはシンプルなエクササイズですが、続けていくと効果がハッキリ現れていきますから、どんどん実践してみてください。

顔の筋肉は、思ったほど使っていないものです。それだけに、少しトレーニングしてあげると、筋肉に効いていることを実感しやすいと思います。

気がついたときには、スッキリした表情になっているはずですから、ちょっとした空き時間を活用して、続けてみてくださいね。

スポンサーリンク