ヨガは、首のこりにも効果的です。

深い呼吸とポーズを組み合わせることで血行が良くなりますから、つらい首のこりも解消することができるんですね。

肩こりだと思っていたものが、実は首のこりが原因だったということもよくあります。

特に、デスクワークが多い人はどうしても首がこりやすくなりますので、これからご紹介するヨガのポーズで、不快感を解消してください。

スポンサーリンク


首のこりを楽にするヨガ


肩こりと首のこりを同時に楽にするポーズです。

  1. 床に正座する
  2. 左手を首筋に、右手は後頭部に置き左右に引く
  3. この動作を5回繰り返す
  4. 5回目で少し長めに静止
  5. 左右の手を入れ替えて同様に
  6. 両手を組んで後頭部のつむじの下に置く
  7. 脇を締めながらアゴを引き、後頭部を伸ばす
  8. 息を吐きながら、しばらく静止
  9. 吐き切ったら手を離す
  10. 両手を身体の後で組んで斜め下に引く



この中に、首と頭を左右に引くポーズと後頭部を伸ばすポーズ、そして手を後ろに伸ばして胸を広げるポーズの3つが組み合わされています。

やってみると、かなり首が楽になりますので、凝りがひどいときには、ぜひ試してみてください。

首と肩をほぐすポーズ


首の筋をまんべんなく伸ばせるので心地よさを実感できるポーズです。

  1. 床にあぐらをかいて座る
  2. 左手で頭を左側に引っ張る
  3. 右手を右斜下に伸ばす
  4. このとき頭から右手の指先までが一直線になるように
  5. 伸ばしながら右手をひねる
  6. 首につっぱりを感じたら、そこを左指でほぐす
  7. 頭の角度を保ちながら顔の向きを変えてみる
  8. 伸ばしていた右手を背中に回し左手で左の脇腹に置く
  9. 頭は左に傾けたまま心地よい範囲で動かす
  10. 反対側も同様に行う



首から肩にかけての筋全体を伸ばせるので、夜寝る前などに行うと1日の疲れを取ることができます。

スポンサーリンク


首周りをほぐすポーズ


首や肩だけでなく、頭や目も楽になるポーズです。

  1. 床に正座する
  2. アゴを上げた状態で両手のひらを組んで後頭部の下に当てる
  3. 組んだ手を動かして首のあたりをほぐす
  4. アタマを右に傾け、右手で首の右側をほぐす
  5. 左側も同様に
  6. 十分にほぐしたら終了



このポーズを行う前と、行なった後に天井を見上げると、後のほうが首を大きく動かせるようになっているはずです。

それだけ、ほぐれているということですので、ぜひ確認しながら行なってみてください。

終わりに


ヨガで首のこりを解消する方法を3つご紹介しました。

それぞれに効果のある部分が少しずつ異なりますので、できれば時間を見つけて、すべてのポーズを行なってみてください。

頑固なこりもほぐれていきますから、毎日、寝る前など時間を決めて続けていくと、かなり楽になっていきますよ。

スポンサーリンク