ヨガは便秘の解消にも効果があります。

お通じがないと、お腹が張って気分がすぐれないというだけでなく、倦怠感や肌荒れなど、健康面でも美容面でも様々な悪影響が現れてしまいます。

そのため、便秘薬などに頼ってしまう人も多いのですが、できれば薬ではなく、体質を改善していきたいもの。

それには、ヨガがうってつけです。

そこで、ヨガの中でも、便秘の解消に効果が高いと言われているポーズを、3つご紹介しましょう。

スポンサーリンク


胃と腸を同時に刺激する、コブラのポーズ


便秘に効くポーズというと、真っ先にこのポーズを思い浮かべる人が多いと言われているものです。

  1. 床にうつ伏せになる
  2. 両手のひらを胸の横に置く
  3. 肘を立てて、脇は締めるように
  4. 両足を揃えて真っ直ぐ伸ばす
  5. 息を吸いながら上体を起こす
  6. 両手を伸ばして上体を反らせる
  7. 目線は上を見上げるように
  8. その姿勢で5回呼吸する
  9. ゆっくり身体を戻してリラックスする



なるべく身体を反らせたほうが効果的ですが、痛むようなら無理はしないでください。

腸がマッサージされる、弓のポーズ


これは、姿勢の改善にも効果があるポーズです。

  1. 床にうつ伏せになる
  2. 膝を曲げて両足首をつかむ
  3. このとき、息を大きく吸い込む
  4. 息を吐きながら、身体を反らせるように上体と太ももを同時に持ち上げる
  5. この状態で3回呼吸する
  6. リラックスして姿勢を元に戻す
  7. 上記を3セット繰り返す



身体を反らせた状態で呼吸すると、腸に適度な刺激が加わります。

ただし、無理に反らせる必要はありませんので、やりやすい範囲で行うようにしてください。

スポンサーリンク


お腹がスッキリする、ガス抜きのポーズ


その名のとおり、ガスを抜いてお腹をスッキリさせましょう。

  1. 床に仰向けになり、両膝を立てる
  2. 両手で両膝を抱える
  3. 一度、大きく息を吸う
  4. 息を吐きながら膝を胸に引き寄せる
  5. そのまま呼吸を5~6回続ける
  6. 元の姿勢に戻す



なお、このポーズは片足ずつ行なっても効果があります。

右足だけ、左足だけ、そして両足と3回行うと、より効果が期待できるでしょう。

お腹が張ってつらいときには、ぜひこのポーズを行なってみてください。

終わりに


便秘の解消に効果が高いヨガのポーズを3つご紹介しました。

どのポーズも、比較的やりやすいものだと思いますので、毎日の生活の中に取り入れてみてください。

朝起きたときや、夜寝る前に行うと、さらに効果的です。

また、急に大きな効果が出なかったとしても、続けているうちに身体が整えられていきますので、期間をかけることもポイントになります。

ぜひ、これらのポーズを日課にして、快便生活を送ってくださいね。

スポンサーリンク