腰痛には、どんな寝方をしているかということも大きく関係してきます。

朝、目が覚めたら腰痛がひどくなっていた、なんていうことはありませんか?

もしあるとしたら、それは完全に寝方が原因ですね。

では、どんな風に寝ればいいのでしょうか?気になるところですね。

ということで、腰痛の改善に役立つ寝方と、クッションの効果的な使い方なども織り交ぜて、ご紹介していきましょう。

スポンサーリンク


基本は横向きの寝方で


まず、腰痛のときに絶対避けた方がいいには、うつ伏せで寝ることです。

うつ伏せになると、腰を反らせた格好になりやすいので、どうしても負担がかかってしまうんですね。

また、仰向けも腰に負担がかかることが多い寝方です。ただ、こちらは工夫次第で改善できますので、それは後ほど詳しくお話します。

基本的に、もっとも腰に負担がかかりにくいのは、横向きの寝方。

横向きになって、膝を曲げ、背中を丸めるようにするのが、もっとも腰への負担が少ないと言われています。ちょうど、胎児のような格好ですね。

このときに、クッションを抱いてみると、よりリラックスできますよ。もちろん、抱きまくらなどでも構いません。

腰痛のときの寝方~クッションを使うのがオススメです!

仰向けで寝たいときはクッションの出番


とはいえ、横向きではぐっすり眠れないという方もいらっしゃるでしょうし、また左右のバランスも気になるところです。

となると、なんとか仰向けで寝たいですよね。そこで、クッションを使いましょう。

仰向けで寝たときに、なぜ腰に負担がかかるのかといえば、それは床と身体の間に空間ができるからです。

横から見ると、背骨の上部と骨盤が床につきますが、その間には空間ができていますね。このときに、骨盤の角度が不適切になると腰痛が起こります。

そこで、この空間にクッションを敷いてあげるのです。

こうすることで、骨盤が支えられますので、負担の少ない角度を保つことができます。

スポンサーリンク


もし、クッションを敷くと腰が反って辛いようであれば、膝の下に敷いてみてください。これで腰が楽な角度になるはずです。

クッションを腰に敷いたほうがいいか、膝の下に敷いたほうがいいかは個人差がありますので、楽になる方を選んでみてください。

実際に、この方法で腰痛が改善したという人は多いですから、早速今夜からでも試してみてくださいね。

終わりに


腰痛の改善に役立つ寝方と、クッションの効果的な使い方をご紹介しました。

基本的には、横向きか仰向けのどちらかで寝るといいのですが、どちらの場合でもクッションを使うと、かなり楽になります。

特に仰向けのときには、その効果に驚くほどだと思いますから、ぜひ試してみてください。

ただし、マットレスなどが適度な硬さであることは必要です。

あまりにも柔らか過ぎると身体が沈んでしまい、どうしても腰に負担がかかりますから、この機会にあわせて確認しておくと良いでしょう。

寝方を少し工夫するだけでも腰痛は緩和されますから、ぜひ、自分に合った寝方を見つけて、快適な睡眠時間を取ってください。

スポンサーリンク