昔から、腰痛に悩む男性は多かったと言われています。

というのも、昔は男性といえば力仕事も多く、どうしても腰には負担がかかりやすかったからですね。

現代では、力仕事が少なくなっているとはいえ、重い荷物などを持つ機会も決してなくなっているわけではありません。

また、現代特有の原因で腰痛を引き起こすケースも増えてきているようですから、あまり力を使わないからといって安心できるというものでもないのです。

そこで、男性の腰痛の原因がどこにあるのか、知っておきたいポイントについてお話していきましょう。

スポンサーリンク


男性の腰痛の原因、実は・・・


腰痛で悩む男性は多いものの、その原因を特定できるものは、なんと全体の15%程度しかないと言われています。

つまり、およそ85%については原因不明ということなのです。

もちろん、姿勢が崩れていることや筋力の低下などが関係はしているのですが、実際にどれが直接的な原因なのかということは特定できないようです。

ただ、人間は二足歩行の動物ですから、そもそも腰に負担がかかりやすいことは確かです。そのため、様々な要因が重なってくると、その歪みが弱いところに出てきてしまうのかもしれません。

ですから、日常での姿勢筋肉を鍛えることなどが、基本的な対策にはなるでしょう。

男性の腰痛、原因は意外なところにもあった!?

原因が特定できる場合は


原因が特定できる15%の腰痛に関しては、次のような病気が代表的なものとされています。

  • 椎間板ヘルニア
  • 圧迫骨折
  • 骨粗鬆症
  • 細菌による感染症
  • 内臓の病気
  • がん

どれを取っても、軽く見ることができないものばかりですね。

ですから、腰が痛いと感じたら放置せず、病院で診てもらうほうが安心です。

早めに対処すれば、病気も腰痛も治りやすいですから、気になるときはすぐに診察を受けるようにしましょう。

スポンサーリンク


意外なところでは、こんな原因も・・・


最近では、ストレスが原因の腰痛も増えているといいます。正確には原因ではなく、ストレスが腰痛を助長しているということになりますが、その関係性は決して浅いものではないようです。

というのもの、日常的にストレスをため続けていると脳内物質のバランスが崩れてしまい、痛みを抑制する機能が働きにくくなるというのです。

そのため、痛みが慢性化するのですが、それがまた次のストレスになり痛みを助長するという悪循環が生じます。

ストレスの原因を取り除くことは難しいかもしれませんが、ストレス発散のため時間を持つといいでしょう。

できれば、腰に負担のかかりにくい運動をすると、筋力アップにもなり腰痛の対策にも有効ですから、工夫してみてください。

終わりに


男性の腰痛の原因ということで、代表的なものをご紹介しました。

とはいえ、その大半が原因を特定できないということですので、驚かれた方も多いと思います。

しかし、姿勢の改善や適度な運動は、どのタイプの腰痛でも効果がありますから、積極的に取り入れましょう。

また、原因が特定できるものについては、元の病気を治すことが先決ですので、必ず病院で診てもらうようにしてください。

スポンサーリンク