腰痛でお悩みの方は、たくさんいらっしゃると思います。

特に、ギックリ腰の痛みは辛いものですよね。

できれば、腰痛にはなりたくないものですが、そのためには腰痛について詳しく知ることが必要です。

そこで、腰痛の原因や症状など、ぜひとも知っておきたい基礎知識を順に見ていきましょう。

スポンサーリンク


腰痛の主な原因


腰痛の原因は、次の2つに大別することができます。

  • ケガや事故などによる突発的なもの
  • 生活習慣による慢性的なもの

スポーツ中のケガや、交通事故などによる突発的なものは、できるだけそういう状況を起こさないように注意するということになりますが、避けられない場合もあるでしょう。

ただ、症状やケガの度合いなどにもよりますが、一定期間十分な療養をすれば治るケースも少なくはないので、どちらかと言えば長引きにくい腰痛と言えます。

それに対して、生活習慣による慢性的なものは、毎日の生活自体が腰痛の原因となってしまっていますから、なかなか治りにくい場合がほとんどです。

具体的には、猫背や運動不足などの悪習慣、デスクワークなどで同じ姿勢を取り続けることなどが挙げられます。

ただ、逆から見ると、これらの生活習慣を改善すれば、腰痛も軽くなっていきますので、その意味ではコントロールしやすいとも言えますね。

腰痛の原因と症状~知っておきたい基礎知識

腰痛の代表的な症状


基本的には、腰が痛くなれば、すべて腰痛ということになるのですが、痛みの質やタイミングなどは様々です。

  • 常に重だるいような痛みがある
  • 前かがみになると痛い
  • 咳やくしゃみをると痛い
  • 朝起きるときに痛みが強くなる
  • 腰だけでなく足にも痛みやしびれがある

など、いろいろな状況が考えられます。

症状が軽ければ、単に腰周辺の筋肉が疲れているだけかもしれませんがが、椎間板ヘルニア椎間板症変形性腰椎症などの場合もあります。あまりに痛みがひどい場合は、なるべく早く専門医に診てもらいましょう。

また、骨粗鬆症が進行していて、腰が曲がるなどの症状につながっているケースもあります。この場合も、専門医に相談して指示を仰ぎましょう。

スポンサーリンク


予防策や対応策は?


厳密には、原因や症状によって異なりますが、一般的には次の3つのことがポイントとなります。

  • 無理のない正しい姿勢
  • 適度な運動
  • バランスの良い食生活

ごく基本的なことではありますが、この3つを心がけるだけでも腰痛を最小限に抑えることが出来るでしょう。

ぜひ、毎日の生活の中に意識的に取り入れてください。

終わりに


腰痛についての基礎知識ということで、主な原因と症状をご紹介しました。

突発的なものについては、ある程度やむを得ないところもありますが、生活習慣が原因となっているものについては、日々の心がけで予防できる部分も多々あります。

習慣を変えるのは、なかなか難しいものでもありますが、逆から見ると、良い習慣を身につけてしまえば、それを続けることはさほど難しくありません。

最初だけ、少し抵抗がありますが、腰痛の予防や対策のために、ぜひ良い習慣を取り入れるようにしましょう。

スポンサーリンク