姿勢を良くするために、椅子の座り方は工夫していても、床に座るときのことはあまり意識していない方が多いのではないでしょうか?

会社や外出先であれば椅子に座ることが多いでしょうが、自宅では床に直接座る時間も長いと思います。

ということは、床での座り方も意識しておかないと、姿勢の改善にはつながりにくくなってしまいますね。

そこで、姿勢を良くするために、床ではどんな座り方をすればいいのか、そのポイントについてお話していきましょう。

スポンサーリンク


あぐらと正座、どっちがいいの?


床に座る場合、ほとんどの方が、あぐら正座のどちらかの姿勢だと思います。

この2つのうち、姿勢を良くするという観点では、どちらがオススメなのかというと、正座です。

というのも、あぐらのほうが猫背になりやすいからですね。そのため、内臓も圧迫されますし、腰にも負担がかかりやすくなります。

その点、正座なら背中が伸びやすく、頭の重さも背骨から骨盤までまっすぐに乗りやすいので、内臓にも腰にも負担がかかりにくいのです。

姿勢は座り方から!床に座るときに気をつけたいこと

ただ、正座は慣れていないと、足がしびれやすいという難点がありますね。

また、足腰が強くなる反面、脚が太くなりやすい傾向もあるので、スタイルを気にする人に不向きかもしれません。

そこで、正座には抵抗があるという方のために、あぐらデメリットを改善できる、ちょっとした工夫をご紹介しましょう。

それは、座布団クッションなどの上に座って、腰の位置を少し高くするというものです。

できれば、固めのクッションなどが理想的ですが、少し腰の位置を高くするだけで、あぐらをかいても背中が伸びやすくなりますので試してみてください。

これなら、腰への負担も少なくなります。

スポンサーリンク


ベストな座り方は、コレ


あぐらや正座よりも、さらに良いと言われている座り方が、長座つまり足を伸ばして座るという姿勢です。

これなら、脚が太くなる心配もありませんから、スタイルを気にする方でも安心して座れますね。

ただ、腰が急角度になるので負担がかかり過ぎるきらいもあります。ですから、やはり座布団やクッションなどを敷いて、少し腰の位置を持ち上げるといいでしょう。

その意味では、座椅子を使うのもオススメです。

ただし、座椅子の場合はキッチリ座らないと、かえって姿勢を崩してしまいますから、だらしない座り方にならないよう注意しておきましょう。

終わりに


姿勢を良くするために、床ではどんな座り方をすればいいのか、主なポイントをお伝えしてきました。

背筋を伸ばすという点だけで考えれば正座がベストですが、スタイルのことも考えると、座布団やクッションなどを使った、あぐらや長座も効果的です。

ただ、腰をはじめとした身体への負担が少ないということでは、やはり正座に軍配が上がりますので、できれば積極的に取り入れたい座り方ではあります。

とはいえ、生活スタイルなどによって、どんな座り方が理想かということは個人差も出てくるものです。

できるだけ理想に適い、それでいて楽な座り方を見つけてみてください。

スポンサーリンク