肩甲骨のストレッチを、肩こり解消のために行なっているという方も多いことでしょう。

ですが、肩甲骨のストレッチは、肩こり以外のことにも効果があるということで注目されています。

そう、肩甲骨のストレッチがダイエットに効くと言われているんですね。

実際にダイエットに成功している人も数多くいらっしゃるのですが、なぜ肩甲骨のストレッチで痩せられるのか?実際に、どんなストレッチをすればいいのか?そのポイントをご紹介していきましょう。

スポンサーリンク


ポイントは褐色脂肪細胞


一口に脂肪といいますが、これは『白色脂肪細胞』『褐色脂肪細胞』の2つに大別することができます。

単に脂肪という場合には、白色脂肪細胞を指すことがほとんどで、お腹周りなどについているのはこちらです。

対して、褐色脂肪細胞の方は、白色脂肪をエネルギーとして燃やす働きをします。つまり褐色脂肪細胞を上手に活用すれば、白色脂肪細胞をどんどん燃やしてくれるというわけです。

そして、この褐色脂肪細胞が多く集まっているのが、肩甲骨周りなんですね。

ですから、肩甲骨のストレッチを行い、褐色脂肪細胞を刺激して活発にしてあげれば太りにくくて痩せやすい体質を作ることができるわけです。

これは、見逃せませんよね。

肩甲骨のストレッチがダイエットに効くって、ご存知ですか?

効果的なストレッチの方法は


では早速、褐色脂肪細胞を刺激するための肩甲骨のストレッチをご紹介しましょう。

  1. 背筋を伸ばして真っ直ぐに立つ
  2. 両手を上げて、頭の上で手のひらを一旦合わせる
  3. 手のひらを離し外側に向ける
  4. ゆっくりと両手を左右に広げ肩の辺りまで下ろす
  5. 肘を後ろに引いて、左右の肩甲骨を寄せる
  6. さらに肘を胸の高さまで下ろす

肩甲骨を中央に寄せることがポイントですので、しっかりと意識してください。



スポンサーリンク


続いてもう一つ、タオルを使ったストレッチもご紹介しましょう。

  1. 背筋を伸ばして真っ直ぐに立ち、タオルを両手で持つ
  2. このとき左右の手は肩幅より少し広く開く
  3. 肘を曲げないように注意して、タオルを頭の上に持ち上げる
  4. ゆっくりと両肘を曲げて、タオルを首の後まで下ろす
  5. このときに左右の肩甲骨を寄せる
  6. ゆっくりと元の姿勢に戻す
  7. 上記を10回1セットで繰り返す

こちらも、肩甲骨を中央に寄せるよう意識してください。

これらのストレッチを続けていくことで褐色脂肪細胞が刺激され、太りにくくて痩せやすい体質を作ることにつながっていきます。

ぜひ、しっかりと続けてみてください。

終わりに


肩甲骨のストレッチがダイエットに効くということで、その理由と実際のストレッチの方法についてお話してきました。

ポイントは褐色脂肪細胞を刺激することです。

できれば、上記のストレッチだけでなく、普段の生活でも肩甲骨周りを意識的に動かすようにすると、より一層のダイエット効果も期待できるでしょう。

特にハードな運動をするわけでも、苦しい食事制限が必要なわけでもありませんから、続けやすいと思います。

ぜひ、毎日の生活に取り入れて、スリムな身体を手に入れましょう。

スポンサーリンク